「障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」-障害のある子の親になること

「保育園落ちた日本死ね!!!」という匿名ブログが波紋を広げ、政府も動かざるを得ない状況を生み出しています。

是非政府に動いてもらいたいことは他にもあります。そのひとつが、障害児を育てる家庭への支援です。

障害児を育てている私自身、身につまされる思いが浮かぶ心情がつづられたブログをご紹介します。

障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい

http://anond.hatelabo.jp/20160229202916

 

ブログでは、「どんな子が生まれても普通に生活を続けていける社会になって欲しいと切に願う」と書かれていますが、その通りです。

なぜ、障害のある子が生まれると、それができなくなってしまうのでしょうか。

 

皆さんは、「障害のある子の親になる」という自分を想像したことがありますか?

「考えたこともない」という方も多くいるのではないでしょうか。

私自身、障害児の親になるまでは、誰かが約束し保障してくれたわけでもないのに、子どもの親になる自分は想像しても、障害児の親になる自分など考えたこともありませんでした。考えたくなかったと言ったほうが正直なところかもしれません。

 

文科省の資料によると

http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h27hakusho/zenbun/pdf/s5_1_2.pdf 

義務教育段階の全児童生徒のうち、特別支援学校 特別支援学級、通級による指導をうけている児童生徒が全体の3,3%。これに、通常学級で特別な指導は受けていなくても発達障害(LD・ADHD・高機能自閉症等)の可能性のある児童の在籍率6.5%を足すと9.8%。

およそ10人にひとりです。この数字からも、誰でも障害のある子の親になる可能性があると言えます。

 

さらには、障害のある子を授かった夫婦の離婚率は一般家庭よりも高く、そのため、ひとり親になった時の経済的な問題も大きな課題です。

それだけに、誰が障害のある子の親になったとしても、どんな障害の程度であったとしても、「子育てと仕事の両立」が保障される制度があってこそ、安心して子どもを生むことができるのではないでしょうか。

 

そもそも、出生前診断を受けても障害のある子の親にならないと約束されたわけでは、ありません。

検査を受けて染色体等による障害を持つ子どもの親になるかどうかの選択肢があったとしても、むしろ、生まれてからわかる障害の方が多く、それは出産年齢などに関係なく、障害のある子の親になるかもしれない、ということなのです。

年齢も、経済的余裕の有無も、学歴も何も関係なく、障害のある子の親になる可能性は、自分でなくてもきょうだいや子ども、孫にもあり、他人ごとではなく、自分の身の上に起きることとして考えてもらうことが重要です。

 

そうした意味では、行政の果たす役割は大きいものの、まだまだです。

例えば、文京区では成人を迎えた人たちに妊娠・出産の支援の充実を掲げた「ぶんきょうハッピーベイビープロジェクト」事業で、「ライフ&キャリアデザイン ワークブック」という冊子が配布され、就職、結婚、妊娠、出産のライフイベントを作成してみようと書かれています。

ライフ&キャリアデザイン ワークブック

http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/shussan/ninshinshussan/_18818/guidebook.html

ですが、ライフ&キャリアデザインを考える中で、障害のある子を授かる人生はまったく想定されていません。それは「リスク」と考える文京区の姿勢が出ているのかもしれません。

障害のある子を育てる子育てもあることを想定したストーリーを示した上で、「でも大丈夫だよ。きちんと支援していくよ」と伝えてくれる区だったらどんなに素敵でしょうか。

障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい

成人された人たちが、突然障害児の親になったら、想定外の子育てに不安や孤立感を深めていくことになると思います。

障害のある子を育てることが、リスクになるとすれば、それは障害のある子を育てることの大変さに見合う支援がまだできていない、ということです。

 

どの自治体も、「すべての子ども、子育てを支援する」ことを掲げていますが、その「すべて」から「障害のある子」「障害のある子を育てること」を外しているといっても過言ではありません。あくまでも「自己責任で頑張りなさい」という姿勢です。

例えば、障害のある子が保育園に入るには、「集団生活が可能」であることが条件づけられているため、知的障害があったり、医療的ケアが必要だったりすると「集団生活が可能ではない」と判断されるなど、保護者の就労状況とは関係なく「不承諾」とされるケースがあります。

 

障害があることで差別をしてはいけないという「障害者差別解消法」が来月から始まりますが、どれほど改善していくのでしょうか。もちろん、そこでは、「政治」が力にならないといけないと思います。

その解決に向けては、議員一人ひとりが「障害のある子を産んだら、仕事をやめたり、自分の人生をあきらめたりしてもしょうがない」という発想から、いかに脱却できるかにかかっていると思っています。

 

下記にご紹介するのは、私が2009年に雑誌に書いたものですが、障害のある子を持つ家庭への子育て支援は、その当時とあまり変わっていないことを痛感します。

「障害のある子を育てる」ということについて知っていただく材料にもなると思いますので、お時間があれば是非、目を通してみてください。

雑誌①

雑誌②


「障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」-障害のある子の親になること” に対して308件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    「軽度なら〜」て医療従事者にも「そんな程度なら大丈夫でしょ。もっと大変な人はいるんだから」と言われるけど、
    軽度でも本人も家族は本当に辛い。辛いだけなら我慢と思ってたけど、命に関わることがあると身をもって知った。
    軽度でも命を落としてしまうことはある。それでも軽度なら大丈夫て言えるのかなぁ。

    1. 匿名 より:

      どんなに手を繋いでも気になる物があれば飛び出して車にひかろそうな事なんか何回もあったし、雲見ていて階段から落ちる事だってありました。
      お風呂入っている間に、毎日飲んでいる薬を気になって40錠ほど飲んでいて意識不明になり救急車を呼んだこともあります。
      ちなみにその時は小6で、発達障害のお薬はもう何年も飲んでいたし、決められた量しか飲んじゃいけない事も説明は何回もしていました。
      気になったらしなきゃ気が済まない、長かった髪もご飯作ってる間に、勝手にショートにバッサリ自分で切るし、部屋は足の踏み場もない、忘れ物は日常、物なんてすぐ無くします。友達のトラブルも日常、集中できないから勉強も出来ません。
      これでも軽度です。
      しかも2人とも発達障害です。
      発達障害同士の喧嘩なんて本当に気が病みます。
      周りからは注意して、声かけしてと言われますが、気が狂うぐらい声かけ、注意しています。
      もう限界です。

      1. より:

        毎日お疲れ様です。うちは小2と幼稚園児の2人が軽度の診断を受けてます。したに乳児もおり、旦那は毎日残業。周りに頼れる親兄弟なく私もフルタイムで働いています。仕事の行き帰りの車内のみが1人になれる時間ですが先日限界がきて園に送ったあと職場に向かわず気付いたら海にきてました、そこでハッとして職場に電話してまた日常に戻りましたが毎日限界ギリギリですこのギリギリが何かの拍子にラインを超えるんじゃないか、でもそうなれば子供たちはどうなるのか。その時に連れて逝ってしまう障害児の母親が多いのも身勝手だなとずっとニュースを見て思っていましたが、当事者になって気持ちが痛いほどわかるようになりました。見た目に分からないからこそただのワガママと思われたり、親も周りから支援が受けにくいのが軽度情緒障害児の悩むところだとおもいます。

        1. 匿名 より:

          共感しきりです
          我が子も現在HSCかASDか判断中ですが毎日母親の私のメンタルがギリギリです。とはいえ自殺する気力もないので、車が突っ込んできてしばらく入院したいと願っている自分がいます…

          1. 匿名 より:

            子供が3歳の時に自閉症だと診断されました。
            自分の思い通りにいかないとすぐに癇癪を起こしどこかに行ってしまいます。
            危ない事も何度言われても理解できません!
            毎日仕事から帰り疲れていてもゆっくり自分の時間もあるはずが無く…
            1人で支度が出来ない子供に付きっきりです。
            今日保育所から退園を勧められた
            これからの進路に絶望感と迷い辛さが混じり生きてる意味を考えます。
            障害の子が欲しく産んだ訳ではない…
            責任とそんな都合のいい言葉で整理できない辛さがあるんです。
            逃げたいと毎日思いますよね!

      2. 匿名 より:

        通りすがりに失礼いたします。

        当方、息子が言葉の遅れのない自閉症です。
        どんな視点からみても自閉症は難しいです。
        薬といっても、感覚を鈍くさせる作用のもので。

        良かったかな…と思うのは、赤ちゃんの時にすごく可愛いかったな…
        という事です。

        幼少期に専門医から、今後次々困難があります、と言われ確かにその通りです。

        健常者だったら、こんな事で苦悩する事もないのかな?って、よく思います。
        過去には戻れないのに悔やむ事ばかりで。

        家族でさえ理解して貰えません。

        本来なら助けてくれる人や制度がとても大切だと思います。

        現実を受け入れられたら、気持ちがラクになるのかも知れませんが、一生の課題です。

        私はもう10年以上、診療内科で眠剤とデパス貰い、親からも眠剤貰い、その場をしのいでいます。

        ずっとその場しのぎです。

        生きている限り仕方ないですが、それにしてもずっとシンドイです。

        1. 匿名 より:

          皆さん、お辛い心の内を書き込まれていますが、子どもをつくるとき、「もし障害児が生まれたら」と考えなかったのですか?
          小生、特別支援学校に勤務経験があるので、障害児のお子さんを育てる苦労は少しは分かります。
          私も女として妊娠してみたい、出産してみたい気持ちはありましたが、「障害のある子を宿してしまったら」と考えると怖くて子作りできなく我慢しました。

          皆さん、妊婦、出産を経験されて女としての幸せを噛みしめていた時期もあると思います。それで生まれた子どもが障害児だからといって今更どうこう言うのも。
          今の時代、結婚するしない、出産するかしない(避妊、中絶)は、ある程度、女性も主導権をもてる時代です。
          大多数の方は、ご自身の人生選択の結果、今があるのではないでしょうか?

          1. 匿名 より:

            障害サービス等を利用して、日一日をやり過ごしていくしかないと思います。
            制度を利用するのは権利なので、うまく活用されると良いと思います。
            でも、周りが助けてくれて当たり前のような被害者的考えは受け入れられません。
            パートナーと愛し合った結果できた子なのですから、周りの誰のせいでもありません。お子さんの両親の選択の上の結果です。
            世の中、癌になったり事故あって障害をおう人もいます。こればかりは避けられない場合はありますが、子作りは選べます。
            子のいない寂しい人生を選ぶか、障害児を覚悟して生むかは、あなたの選択でした。

          2. 匿名 より:

            命を作り出す、生むことは、それだけの覚悟 も伴う行為です。
            快楽や成り行きで生むものではありません。
            ただ赤ちゃんは可愛いからと生むものでもありません。
            皆さん、今、悩まれているお子さんを生む時にそれだけの覚悟をもたれていましたか?

          3. 匿名 より:

            書くなよ。支援学校にこんな偉そうな人間がいるのが不愉快。

          4. 匿名 より:

            ここで愚痴を吐いて、明日から育児頑張ろう。

          5. tar より:

            障害を持った親の苦労が少しでもわかるならそのような発言はしないはずです。もし自分の子供があなたのような先生のもとで生活するなら本当に嫌です。

          6. 匿名 より:

            いますよね、こういう人w
            障害児を持つ確率より車で事故に合う確率が高いからもちろんのこと、バスや自転車も乗りませんよね?!極論 刺されるかもしれないから外にも出ない方が良いですよ!!

          7. 匿名 より:

            私も同感です。
            先に姉の方に障がい児が生まれた為、両親は付きっきり、もし、二人目もとなると、両親の手も借りれず、自分1人で育てる自信も無いので、私は出産を諦めました。
            ただ、若い時や、身近に障がい児が居なければ、出産子育てには色々なリスクがあることに気がつきづらいので、深くは考えなかったと思います。
            その方が幸せだったかも。どの選択が幸せに思うかどうかは、人それぞれかなと思います。

          8. 匿名 より:

            助けてもらって当たり前、そういうのが表に出ると対立してしまいますね。
            皆それぞれに、頑張って生きてる。障がい者やその周りの方も健常者もお互いに認め合い、助け合い感謝の心があれば、事はスムーズに運ぶかと思います。

          9. 匿名 より:

            助けてもらって当たり前だろ

          10. 匿名 より:

            この方はとても正論だと思う。

            それに助けてもらって当然な訳もない。今は単身者が生きていくのも大変なのに助けてもらって当然って、そんな考えで生む人が多いから、嫌われる子連れが多いのかも。正論に怒り狂ってストレスぶつけてる人の言葉は胸糞悪い

          11. 匿名 より:

            交通事故と一緒にしてる人もいるが、事故は自分で避けられないけど、子供を産むのは自分の意思でしたこと、自分で勝手に決めた事なんだから、事故とは違って避けられるし。

            親を選べない子供のことも考え、自分とは別の人格を産むという重大さとお金がかかるのら当然であって親も子供も健康で居続ける保証もないのを考えず産む人が多いから、子供を殺める事件もあるのかな

            遺伝する病気とかでも産んでから文句言ったりコロナ禍で金出せと言ったりしてるのをよく見ます。五体満足で手がかからない子供が生まれるとは限らないし生まれたても突然の事故や病気や事件に巻き込まれ家族がずっと平和で暮らせるとも限らない。今目の前の現実と向き合い続けるしかない。

            ここでしか吐けない人もいるだろうから愚痴こぼすのはいいと思うけど、権利ばかり主張してる自己中な人は誰も助けてくれない

          12. 障害児の息子を愛するおっさん より:

            言ってることは最もだし、俺は男だが、だとしても、辛さを吐き出す場所くれぇは欲しいもんだよ。俺は幸い、障害児の自分の子供を嫌いになったことはないが、思いどおりにならないことで、俺自身が障害児みてぇに怒鳴って怒っちまうことがある。その度に後悔し、好きであるがゆえにどうしようもねぇ。
            周りに言ったところで哀れみを受けるだけだし、第一、俺が逆の立場なら、その相談にかける言葉なんざ見つからねぇ。それがわかるからこそ、俺たち障害児の親は周りになんざ、気軽に相談できねぇわけよ。
            お宅は障害児と多く接触する機会がある場所で働いてるから、障害児が産まれる可能性を受け入れてるようだが、常に、ネガティブなことを考えながら生きるって、すげぇ不幸なことだと思わないのかい?いいじゃねぇか、産まれる前に障害児が産まれる可能性から目を背けたって。
            将来の希望を持ちながら、生きることの何が悪いんだい?
            その希望がかなわなかった時、落ち込んで吐き出したくなるのは人として全うな生き方なんじゃねぇのかい?
            こればっかは、人生観ってやつだが、俺にはお宅のように、はじめからネガティブの可能性を考えて生きていく生き方が人の生き方のようには見えねぇな。

          13. 匿名 より:

            毎日、朝昼晩生活を障害者と生活を共にしたら、そういう発言をしてもゆるせますが、あなたは、勤務中に障害者とかかわるだけでしょう?
            それに、障害者と実際に関わって初めて障害者と生きることの大変さに気付くんです、ほんとにこんなに大変と知識を誰かが教えてくれていたら、子供を作ることのリスクにもっと向き合うこともできていたとおもいます。
            あなたの言っていることは、綺麗事です

          14. 匿名 より:

            うちの子があなたと接していないことを祈るばかりです。
            最初からリスクヘッジを取って子作りをしないという生き方は、私からしたら不幸にしか思えない。
            あなたは愛を知らないのだと感じます。
            だから、子に対する愛と苦労の狭間で苦悩する親の気持ちも切り捨てる様な考えになるのかと。
            たとえ障害者であっても、チャレンジ精神や思いやりのある人の方が愛されるでしょうね。

      3. 匿名 より:

        うちは積極奇異型アスペルガーとadhd併発男児です。
        もう限界。
        時間が読めないのは当たり前。
        やんわり指摘しても逆ギレ、癇癪、他害、脱走。
        理論で諭してもダメ、力もかなわなくなってきてる、本当にどこかに捨てたい。産むんじゃなかったと毎日後悔してる。

    2. 匿名 より:

      死にたい消えたい自閉症子育て疲れました
      どんなに疲れていても隣で起きてる間中喋り続ける娘
      疲れた話しかけないで自分で決めなよ離れてお願いひとりにさせて

  2. 海津敦子 より:

    障害は生きづらさで決るもので 障害の程度で決まるものではないです
    軽度だから大丈夫というのは あまりにも障害をしらなさすぎ で そうした人たちがまさに障害になると私は常々 思っています

  3. 仕事を続けてきた母 より:

    うちの息子が20数年前に生まれて育ててくる中でこういう声を何度聞かされたことか。
    まだ保育園は助けてくださって感謝でしたが、小学校中学校は悲惨でした。
    親の人格まで否定するような言動の数々、まさに「人生終わった?」という状況の中で過ごしてきました。
    共生社会が実現することを目指し、一歩一歩進む努力をして行けたらと思っています。排除されない、堂々と生きられる社会になって行くよう微力ながらなんらかの形で関わって行けたらと思います

    時代は大きく変わってきています。ここだけ取り残されることのないように。

    1. 匿名 より:

      将来がみえない。しんだほうがむだなししつないかな。みんなでしのう!

      1. 匿名 より:

        ほんとに、みんなでしのう

        1. 匿名 より:

          ほんと、シニタイ

          1. 匿名 より:

            みんなでしのうよ!
            私もアスペルガーの娘といっしょにしぬからさ
            息子は多分定型発達児っぽい
            娘のせいで結婚が破談とか就職不利とかになったら本気で娘をやってしまいそう
            だから小学校入る前に娘を…
            お願いいっしょにしのうよ!
            旦那よ息子を頼むぜ!
            息子は育てやすいから大丈夫!

          2. 匿名 より:

            分かりすぎて辛いね
            私も死にたい
            でも死ぬ時位は一人で自由になって死にたい

          3. 匿名 より:

            ASDの子供と死にたい。無かったことにしたい。子供にも申し訳ない。

      2. 匿名 より:

        しにたい

        でも上の子が大切すぎてしねない

        上の子が今後この子のことで生きにくくなるかもしれないと思うとつらすぎる

        そんなことを思ってることがこの子にも申し訳なくてやっぱりしにたい

        1. なおこ より:

          自分の経験ですが、親が申し訳ないって思っているだけで、上のお子さんは救われると思います!
          だから死なないでほしい。
          お母さんが自殺したらむしろ救われないと思います。

        2. 匿名 より:

          行政も学校も何もかも助けてくれないから私も死にたい
          もう1人になりたい

        3. 匿名 より:

          わかります。兄弟児のとこを想うと私が死んでこの子が辛い目にあうと思うとどうしても死ねません
          死ぬ勇気もないのですが
          でも楽に死ねる方法をいつも考えてしまいます

        4. 匿名 より:

          私も上の子がいるので死ぬのに躊躇してしまいます。

          私が死んだらこの子はどうなる?この子の人生もまた奪ってしまうのかと。
          上の子は可愛いです。将来が楽しみでした。大好きです。だから辛いです。

          残された人たちはもっと辛い思いをさせてしまうのかな。
          障害のある子と一緒に死にたいです。確実に死ねるなら2人で死にたい。
          でも調べてみると死ぬのって意外と大変で自分も障害を残して生きてしまうのは嫌です。首吊りしようったって、自宅は去年建てたばかりでそこで死んだら残された家族は生活したくないだろうと思うし、だからと言って電車に飛び込んで人身事故を起こして周りに迷惑も掛けれない。高層ビルはない。
          どこでどうやって迷惑をかけずに自殺できるんですか。
          生きてるのが辛いです。

    2. 匿名 より:

      地獄の日々。愛も金も全てを無にし続ける息子。今も夜中に冷蔵庫を漁っている。日中はずっと部屋から出ない。お願い、死んで。殺す前に。

      1. 匿名 より:

        うちも、一刻も早く死んで欲しい。親に感謝したり気遣うことはなく、やってもらってあたりまえ。うまく行かないのは全部周りの人間や環境のせい。朝から晩までキイキイ愚痴り続け、なにもかも自分中心に世界が回ってる。文字通りのクズです。病院は拒否して意地でも行かないが、たちの悪い発達障害でしょう。コロナのせいで強迫神経症でもあるようで、一日中謎の確認作業や手洗い、消毒、周りを巻き込んで大騒ぎ。気に入らなきゃ発狂して暴れる。疲れた。親は二人ともノイローゼ。
        死んでくれないならこっちが死んでやる。ちなみに成人している息子。

      2. 匿名 より:

        私も死にたい。
        去年の今頃までちょっとゆっくりなだけと思ってた。

        でも、下の子が生まれて障害度がさらに爆発。
        下の子もそうだったらどうしよう。苦しい。

        安楽死法はや制定して。

        1. 匿名 より:

          うちも全く同じです。下の子も怪しい。上の子の癇癪に疲れました。日に日に酷くなってきて人に会わせるのも嫌になり友達とも会えなくなった。友達と育児の悩みを共有できなくて辛い。誰にも会いたくない。ストレスが溜まりすぎて産まなきゃよかった、嫌い、育てられないと子供に言ってしまう。こんなこと言いたくないのに。ストレスの捌け口になってる。死にたい

          1. 限界ママ より:

            分かります、上は6歳で既にやばいですが手帳もらい既に療育してます。頼みの下の娘も女のくせに多動が酷くなってきました…癇癪もひどくてこれから病院かかりますがおそらくアウトでしょう。友達やママ友さんと子供連れて会えませんよね。買い物もできないしやばすぎです。多動、さわりまくり、買ってあげると行っても種類多くて決まらなくて癇癪。バーカっていつも言ってます。もう本当に自分も死にたいし、死ね!!って毎日子どもに行ってます。養育困難で児童相談所電話してやる!!と何度も2人に言ってます。大学費用貯金してたのがバカみたい。
            本当皆さん毎日お疲れ様です。
            これは育児ではなくて介護だと思ってます。

          2. まー より:

            うちも癇癪が酷く、親が鬱になり、周りは冷たい。放課後等デイサービスも短いので、仕事もまともにつけない。
            放課後等デイサービスの仕組みや行政の支援が足りないと。無駄な税金使うなら弱い立場に回してくれと思う

          3. 匿名 より:

            私も全く同じです!
            もう心底疲れました。

        2. ゆー より:

          うちの長男は重度の知的、重度のてんかん
          意志疎通も難しい。
          でも体は元気。
          したいことが出来ないと大暴れ。
          もうついていけない…
          学校行ってもデイに行ってもてんかん発作ですぐお呼びだし。
          こんなんでは仕事も自分の時間もない。
          イライラが募って夫婦喧嘩。
          負のスパイラル。
          次男が健常で次男将来が心配すぎる。
          早めに長男と二人で一緒に死ねたらと思う毎日。

          1. さーや より:

            うちも3歳で熱性けいれんからのてんかんに発展。それ以降から言葉が急に出てこなくなり、一時は絵で伝えるレベルに落ち軽度知的、自閉の診断を受けました。私は作業療法士です。幾度となく、障害のある方のリハビリを今まで行なってきました。でも自分の子どもとなると別です。毎日葛藤して下の子を最近出産してからは、赤ちゃん返りも重なって正直しんどい。保育園や療育、私以外で言語聴覚士の訪問リハのサポートは受けてます。旦那も両親もいますがほぼワンオペの自分にとってはキャパオーバーです。産んだからすぐ親になれる訳でも、障害をすぐ受け入れて対応できる訳でもないです。人間なんで。弱音吐いても聞き流してはくれない、大体応援されて終わり。こんな生きにくい世の中で、死にたいと思っても責任感じて育ててる人がどれだけいるんでしょうか。辛いと言うのはそんなに悪い事なんでしょうか。
            すみません、ゆーさんの内容を読んでどうしても言いたくなってしまいました。

          2. 匿名 より:

            部活もやりたいのに入らせてもらえず、(多分他の子の迷惑になるから)、全てが迷惑扱い。それで好きなようにできないから暴れる。だんだん暴れも酷くなり、家の中ボロボロ。私もボロボロ。色々な所に相談しても全て他人事。動いてくれない。殺人が起こらない限り動いてくれないんだろ。私が死ぬか子供が死ぬかだね。
            お互いの暴言も止まらない。声聞くだけでイライラする。いつまで面倒見なきゃいけないんだ。もう関わりたくない。しねば楽になるならしにたい。

          3. 匿名 より:

            うちも知的障害の難治性てんかんです
            気持ちすごくわかります
            いつ呼び出されるか
            休まるときがないです
            デイから帰ってから毎日必ずパニック癇癪
            スルースキルがほしい
            感情がなくなればいいのに
            死にたいけど死ねない
            死んでほしいけど殺せない

          4. Asa より:

            うちは息子が自閉症スペクトラムの10歳難病発症で為、難治てんかん、知的障害進行現在17歳です。
            私もてんかん発作呼び出しには参りました。長男くんの療育体制に見通しを加えてほしいと思います。てんかん発作中も預かってもらえるようルールを変えて欲しいです。親子が厳しい運命に立ち向かえる様に落ち着く余裕を与えてほしいです。専門家を交えた支援体制を展開してほしいです。

      3. m より:

        死んで欲しい。宿題一問間違えてるよと言っただけでブチ切れて叩いてくる。もう怒らないから丸つけしてって昨日言ってきたばかりなのに。もう何度も何度もこの繰り返しで疲れた。うちは双子でどちらも知的の遅れは無いけど、だから健常の子と違いを見せつけられてしんどい。会話が噛み合わない。片方が怒られると余計な茶々を入れてくる。今それ言う?って毎日思う。空気がいつも読めてない。いっそ歩けなければ良かった。知的があれば諦めがついた。ギリギリ健常者の中で生きていけるっていう絶望。みんなうちの子見ると「普通だよ〜」って言うけど普通じゃないんだよ毎日見てる親が言ってるんだから。これ以上傷つけないで。年金ももらえない、サポートもない、重度の親からは「歩けるだけいいじゃない」って言われて、軽度の親からは「会話が出来るだけいいじゃない」って言われて、健常の子供からは「○ちゃんすぐ怒るよね」って言われて。どこにも属せないうちの気持ちが分かるか?誰も分かんないだろ。もう死ぬしかない、家族みんなで死ぬしかない。誰か殺して、お願いだから。

        1. あーあ より:

          もう死んでほしい。
          下の子の遊んでいるおもちゃを片っ端から取り上げ、結局遊びもしないし理由を聞いても会話にならない。
          やり方が分からないものを教えようとしてもなぜか横から奪って「見本みせるね」って結局できてもいないし挙句の果てに出来ないと癇癪。
          注意すると家から飛び出してしまい帰ってこない。
          保育所でもうちの子のロッカーだけぐちゃぐちゃはあたりまえ。
          迎えに行っても走り回ったりいちから帰り支度で帰れるまで20分以上が毎日。他の子は5分以内に帰れているのに。正直もう迎えに行きたくない。
          昨日今日の区別もつかず、なんでもさっき。テレビと現実の区別もつかず自分の事として平気で大声で自慢しまくりでもうキモい。
          療育行かせても他の子とトラブルになり毎日別室隔離のよう。

          成長するにつれ癇癪の時の抑制がこっちの体力的にも精神的にもきつくなってきた。

          下の子は何でも覚えが早く上の子の妨害が無ければすぐにできるようになれそうな分、そんな環境な事が申し訳なくなる。
          夫婦喧嘩も全部上の子の事が起因。

          もういっそいない方が全て上手く行くだろうから、上の子連れて逝くしかなさそう

        2. 匿名 より:

          皆、どこかに属せる障害児なんていねぇと思うぞ。

  4. 田中結衣(仮名) より:

    うちにも重い自閉症児がいます。
    昨年四月から特別支援学校の1年生です。(来月2年生)
    うちは、幼稚園の頃が悲惨でした。
    息子に障害がある負い目から、誰もやりたがらない役員を引き受け、
    幼稚園と保護者をつなぐパイプ役のような役目を引き受け、
    自分なりに一生懸命頑張っていたのですが、
    ある日、園の中心的人物の役員の方8人くらいに呼び出され、
    「障害がある子をなんで幼稚園に通わすの?」
    「ただでさえ人手が足りない中、先生一人つけて月謝が皆と同じなのもおかしい」と
    猛批判され、その日の夜、息子と本気で心中しようかと考えるほど落ち込みました。
    近隣の方も理解ない方が多いです。
    エレベーターで挨拶しても無視されます。
    見た目が普通なので、独り言を喋り続ける息子を見て、大半の方が引きます。
    障害児を持つ親の何がつらいかって、
    我が子に障害があることよりも、親子で世間から受け入れてもらえない孤立感が
    とてつもない、って所につらさがある。
    障害児を持つ家庭を温かく受け入れてくれる世の中だったら、我が子に障害があっても
    私や息子は幸せでいられると思う。
    差別や偏見や、近隣や幼稚園で言いふらされる悪口などが
    障害児を持つ親の心をズタズタに傷つけ、
    毎日親子心中の方法を考えるほど追い込むんです。
    障害者への本当の支援って、経済面などの物理的な支援よりも、
    障碍児や障害児を持つ親を差別したり悪口を言いふらさない、など、
    精神的な部分での支援が何より必要です。
    国に願うこととして、全国の幼稚園保育園や小中高校に通達してほしい。
    校長先生が朝礼や保護者が集まる行事などで、
    「障害児や障害児を持つ家族の悪口を言いふらすのは恥であり悪質な行為である」
    ということをしつこく毎回言ってもらうだけでも、意識に植え付けられるので、全然違うと思います。
    これなら国のお金は、ほとんどかかりません。
    今は帰宅後、リタリコという発達障害の教室に通っていますが、
    そこに来ている(児童は普通級に通わせてる)ママさん達数人からも、死にたいって言葉をよく聞いてます。
    親子心中を考えるほどギリギリまで追い込まれてる人達が、日本全国、山ほどいるんだってことを
    安倍総理にはどうしても知ってほしいです。
    障碍児を持つ親のつらさをテレビでも新聞でもガンガンやってほしいです。
    SOSの文章長くなってしまってすいませんでした。

    1. 海津敦子 より:

      保護者から「あの子がいるから、うちの子が…クラスが…」といった批判を向けるのは、問題の本質をすり替えています。保護者にすれば、誰にとっても「我が子が一番」であるのは当然ですが、「あの子がいるから」では何の問題解決にもなりません。
      そもそもが学級運営の力の問題であり、人手の問題は子どもに関係することではありませんよね。
      保育士・教員の研修講師をさせてもらう折には、「あの子がいるから…」という話が出てきたら、それは
      「自分の子どもをしっかりと見てもらえない」というメッセージなので、そこは重く受け止め、改善を速やかに図らなければならないこと。「誰かひとり」のせいにして、学級で他の子どもが見れていない状況となれば、それはまた「次の誰か」を探すことの繰り返しになるだけです。と伝え、自治体等の補助金を申請して人手を確保すると共に、園・学校全体でチームとなり指導の在り方を見直す重要性をお話させていただいています。
      ぜひ、みなさんと共に、障害のある子どもを育てることも子育て支援から取り残されることなく、当事者のニーズに応えていかれるように声を上げ、提案を重ねていきたいと思います。

  5. 匿名 より:

    障害児から障がい者に変わったとき、親は子供の過ちを止めることができない年齢になっている。でも、障がい者は犯罪をしても許される。
    それは平等か?
    だから障害児のころから疎まれるのではないか?

    1. 匿名 より:

      じゃあ、どうすればいいのですか?
      障害は就園前から病院や療育に通っても治らないです。
      どうしたら、社会に受け入れてもらえますか?

      1. 匿名 より:

        あなたは何も悪くない。ただ、もし何が悪かったのか?と考えているなら、こう考えましょう

        運が悪かっただけです。次の世に期待しましょ?

        1. 匿名 より:

          ふざけんな何が運が悪かっただ

          1. 匿名 より:

            厳然たる事実。10人に9人は健常者になるんだから、その確率を突破できなかった=運がない

          2. 匿名 より:

            うん、だろうね。普通の人が引かないような確率を引いてしまったわけなので、しょーがないと思う。

          3. 神代アリス より:

            私は、「治った」精神障害者です。

            仕事でミスっても、「障害だから仕方ないよ」の一言で許してもらってます。

            やっぱ、「運」が良かったー笑

        2. 匿名 より:

          無責任な事だけ書いてんじゃねーよ。クソが。

      2. 匿名 より:

        うーん、社会に受け入れてもらえることを、期待するのが間違いかと。社会は相対的多数のためのもの。つまり健常者のためのもの。障害者は相対的に少数なので、いわゆるマイノリティなんだよな。マイノリティが社会に居場所が欲しかったら、首を垂れてお願いするしかないんだよ。健常者サマ、私たちマイノリティを哀れと思って社会にいれてくださいませ、ってさ。

        1. 匿名 より:

          同意です。人間は社会性動物であって、健全な個体で健全な社会を運営していくことで種族を維持するタイプの生物です。そこに生まれたイレギュラーな個体は、その社会維持を脅かす存在なわけで、悪いとか悪くないとかは関係なく、排除されるのが自然の摂理であって、差別もいじめも排斥も、すべて健常個体(群)が「健全な社会を健全に次世代につなぐために、異物は自分の生活や血筋に接近させるべきではない」という本能による至極真っ当な判断だと思います。それは自分が重度心身障害児を生んだ時に理解しました。だから差別してくる人や排斥してくる人のほうが、逆にやたら同情や理解をアピールしてくる人よりも、生き物としてずっと正直で信頼できます。どうぞ排斥なさって結構です。それが自然の摂理なのですから。ただ、せっかく医学が十分発達している時代なのですから、脳に奇形のある新生児がNICUで仮死状態になったら管とか挿入しないで、痛みをないようにしてそのまま静かに見送ってほしかったし、その後でも苦しまないで死ねる薬を教えてくれたり、無意味な就学なんて強制しないで、子と二人、お迎えが来るまで安らかで静かな日々を与えてくれるような救いのほうがいいです。この命は短く尽きても、分解されて元素に戻って、また物質循環の輪に戻ればいいのですからね。

          1. 匿名 より:

            じゃあお前が分解されろゴミ

          2. 匿名 より:

            死ぬ自由もあるべきですよね
            マイノリティの選択肢が広がる世の中を期待します

          3. 匿名 より:

            まぁ、居直ってんじゃねーよ、としか言えんな
            生まれた来たこと自体が間違いでしたと認識できるのであれば
            そこから先はどうするべきなのか

          4. 匿名 より:

            正論だね
            社会が豊かになってしまった所為で、本来なら死ぬべき、消えるべき存在が
            無理やり生かされ続け、結果社会や身内を苦しめている
            障碍者に限らず、介護なんかもそうだね

            似非ヒューマニズムはどんな命にも価値がある!なんて綺麗ごとを抜かすが
            自分らがその状況に陥ればすぐ翻すw
            結局、一部の声の大きい連中や法律の所為で、不必要な苦しみを産み続けている
            のが現状だよね
            でもこの問題に正面からぶつかると、正義マンや綺麗ごとを唱えるのが大好きな
            人間から社会的に抹殺されるからどうしようもないというね

            結局、臭いものには蓋をして、自分の身に降りかかるまで必死で目をそらし続ける
            実に狂っていると思う

          5. より良い社会に! より:

            あなた確実に障害者と健常者の間の人間だね。文章からわかります。あなたみたいな人が犯罪を犯すんですよ。そして自分は精神障害があるって言って、減刑を主張するのだよね。
            かいづさん、上記のような差別発言と弱い人間を攻撃するコメントを書いた人の端末突き止めて、障害者に対する誹謗中傷で訴えましょう!

    2. 匿名 より:

      あなたやあなたの子供に障害児が産まれますように
      大丈夫
      私の親族にも夫の親族にも障害者はいなかった
      それでも障害児が産まれたからきっとあなたのところにも生まれることはできるよ
      出生前の検査もしたけどそんなんじゃわからない障害なんてたくさんあるよ
      そうしたら平等か不平等か、もっと全然違うことも身をもってわかるよ

    3. 寛之 より:

      障害者は犯罪をしても心神喪失で減刑になるなんて昭和の情報ですよ。

      私は近年の裁判の判例をよくネット上で読んでいますが、最近の日本は知的障害者が事件を起こしても長い懲役を食らわされる判例が増えていますし、
      むしろ知的障害者は裁判で差別されやすくて、健常者以上に長い懲役を食らわされる判例(例えば大阪で発達障害者が実姉を殺害した事件)も多いです。

      知的障害者は罵声や暴力を受けた時上手く言い返せない傾向があるので、犯人検挙ノルマ達成目的の警察官から威圧されて自白強要させられて冤罪被害に遭うケースも多いです。
      障害者が冤罪被害に遭った事件としては足〇事件や袴〇事件や大〇事件や滋〇看護師事件が有名です。
      日本は「障害者は犯罪をしても減刑になるから怖い」という古いお考えをお持ちの方々がいまだに多いですが、心神喪失無罪の判例は年々減ってきて近年は厳罰化されていますし、私はむしろ厳しすぎると思います。

      刑務所の中では普通の生活をしていても看守から難癖をつけられて罵声や暴力を受けて(時には裸にされて)いじめられて鬱病に追い込まれると言う話を聞いた事があります。(特に内気な人や障害者は看守からいじめられやすいらしいです。)
      そういった人権侵害をする人達(警察官や裁判官や刑務官)が障害者に罵声を浴びせるだけで楽して税金で飯を食らってるのが日本の理不尽な現状です。
      国の怠慢のせいで生活保護や障害年金の枠が狭くなってきて障害者でも受給出来ない人が増えており、それで生活保護や障害年金の審査に落ちた障害者が最後のセーフティネット(刑務所)を利用するために仕方なく罪を犯したら裁判官から一切同情されずに長い懲役を食らわされ、刑務所の中で看守からいじめや暴力を振るわれて鬱病を発症する。これが現代の日本の厳しすぎる現状です。
      一番国から心のケアや医療を受けるべき人達(障害者)が心のケアや医療を一切受けれず最後は刑務所行き。ここは本当に先進国か?と問いたくなります。

      1. かいづあつこ より:

        指摘されているとおり、国から心のケアや医療を受けるべき人達(障害のある人」が、心のケアや医療を一切受けられず、結果として刑務所に行くことになること、大きな問題だと思います。

        人権について。しっかりと学べているだろうと市民から思わられる、警察官、裁判官、刑務官、さらには、教員、教育委員会、自治体の障害福祉担当者自治体長、議員等々が。、実は、人権を理解できていないために、結果とすると、人権侵害する側になっていることを、どのように変えられるか。日々考えます。

        引き続き、率直なご意見を頂ければ幸いです。

        1. 匿名 より:

          人権や法律は、実は反社的な人たちの方が
          本を読み込んでみたりして詳しいという面もあったりするそうです。
          某大都市の社会保障の不正受給を受けるようとして
          公務員を騙す方法を得るために
          ある意味、とても頑張ってる、という話を聞いたことがあります。

      2. 匿名 より:

        日本は弱いものイジメが好きな国民だと感じます。YouTubeでは、自称霊能力者が、ある未解決事件の犯人は、重度知的障害者で警察官の息子だから逮捕できないと自身たっぷりに断言していました。障害者差別以外のなにものでもない。さらにびっくりしたのはコメント欄で、障害者差別主義者が障害者を叩きまくっている。障害のある人に関わったことがある人は、何を馬鹿なことを言ってるのかと大嘘をついているとわかりますが、何にも知らない若い子か無知な人、障害者差別主義者が信じてしまっているようで、他のYouTubeで犯人は知的障害者だとコメントを出している。なんと情けない世の中だと感じます。自称霊能力者と知的障害者を差別するコメントを書いた人たちは、相模原の殺傷事件と同じくらい重い罪を犯していると思います。

        1. 匿名 より:

          >日本は弱いものイジメが好きな国民だと感じます。

          具体的に何処のどういった国々や国民と比較して言っているのでしょうか?
          こう仰る以上は余程海外経験が豊富で様々な国々を多く見てきたのでしょうね。
          でなきゃ言えないでしょ?
          日本が弱い者イジメ好きな国民性の国だと言うのなら、弱い者イジメが嫌いな国民性の別の国へ移住されたらいかが?

          1. ああああ より:

            日本の中において、と言いたいだけで、海外との比較ではない。海外ではどうか知らんが、日本ではこうだ、という文なのでピントずれてる。

  6. 匿名 より:

    そして今もこういう子たちを預かる側である施設はいろいろと整っていないわけでしてって感じ。

  7. 匿名 より:

    重度度の自閉症。17才、意思の疎通どころか会話も成り立たない。一人っ子、同年代の親戚もいない!親が死んだらこの子はどうなる?惨めな生き方はさせたくない。10年以上前から俺が死ぬときは一緒に行こうと決めている。後20年は無いだろう。

    1. 匿名 より:

      私もです。

      1. 匿名 より:

        私も自分が65になったら障害もつ娘とともに死ぬつもりです。残して死ねない。

        1. 匿名 より:

          私も同じ考えで今必死に生きてます

    2. 匿名 より:

      8歳ASDの息子から毎日のように暴言、暴力を受け、それにひたすら耐え苦しみ、癇癪を起こしては八つ当たりされ、生活習慣はほとんど身につかず、もう25キロにもなった大きな身体を未だ洗い着替えさせ、その間も機嫌を損ねると殴られ…

      自分が産んだのだから仕方ないのですか?
      親には人権も何もないのですか?
      なぜここまで我慢を強いられ、なお世間から非難されなければならないのですか?

      頭の中で何万回と妄想した、息子をボコボコに殴り返し暴言を吐き返す、我慢の限界を超え一線を超え現実になったら、私は、我が子を虐待した酷い親として裁かれるのですか?

      生きる事が限界です。

      1. かいづあつこ より:

        苦しい日々・・・・ 
        息子さんとの日々であれば、誰が親になっても あなたと同じように考えると思います。
        私も絶対に、妄想だらけになると思います。

        お住いの子ども家庭支援センターか児童相談所に相談をされてみてはどうでしょうか。
        書き込んでくださったとおりのことを伝えられると、様々、考えてくれると思います。

        頑張って頑張って育てられてきていること、ぜひ、助けを求められてみてください。
        児童相談所等が力になってくれないようであれば、ご連絡をください。

      2. 匿名 より:

        特別支援学校の教員です。
        その子がそのまま大きくなったら高い確率で犯罪を起こしてしまうと思います。
        教員も普段から生傷作って指導にあたっていますが、中々成果が上がらないことも多い。
        絶対に手は挙げられませんので、妄想の世界に逃げ込んで何とか精神を保つこともしばしば。
        是非一度思いっきりぶん殴ってみてはいかがですか?
        度が過ぎてはいけませんが、それは親にだけ許された特権でしょう。
        どうしようもできなくなる前に、できることをしていきましょうよ。

        1. 匿名 より:

          教員やめたらどうですか?笑、

          1. ああああ より:

            あなたには障害者とは何かとか、身をもってしっかり教えてあげた方が良さそうだね。

      3. リョウ より:

        本当に苦しい毎日過ごされていますね。わたしなら心が壊れます。
        家にも10歳の男の子ですが、自閉症からのこだわりの強さ過敏すぎる感覚を持って産まれてきてしまいました。
        暴れたり癇癪はないですが、
        体は成長とともにどんどん過敏が勝り今では、学校どころかどこにも出かけられないです。
        タイプはちがいますが、常に不安がつきまとい家でもいつも怯えています。日により出方がちがいますが喉に何か詰まるような感覚で気分が悪くなるそうです。
        この子が生きづらいと感じたらすぐにでも一緒に死にたいと思ってます。
        息子さんと少しでも離れられる状況になれれば気持ちも違うとおもいますが。相談などはされてると思いますが
        どうかいい方向へむかわれるといいですね。

      4. 匿名 より:

        9歳知的障害自閉症児の母です
        気持ちすごく、わかります
        息子を産んでからずっと出口のない暗闇にいるようです
        終わりのない日々
        ずっとこのままなのかという不安と毎日たたかっています
        誰もたすけてくれない
        自分の子だから
        私が産んでしまったから
        プレッシャーに押しつぶされそうです
        一緒に死ぬしか終わりがない
        どうしたら良いのでしょうか

    3. 名無し より:

      身体障害は仕方ないかな、でも精神障害者であるばかりに、犯罪歴があっても守られるのはなぜかスッキリしない。
      コロナで失業する方も多い中、生活保護で経済的にも守られるのはいかがなものか。

    4. 匿名 より:

      私もです。一緒に死ぬしかないと
      決めています。

      1. かいづあつこ より:

        障害の子を育てることが親子で死ぬしかないと追い詰める社会は異常です。
        誰にとっても不幸な社会になると思います。
        一緒に死ぬしかない社会を変えていけるように、微力ですが、力を尽くします。

        1. ああああ より:

          まず、障害発覚時点で一定期間、社会から隔離することが出来るようにしなきゃ改善はされないよね。

  8. 匿名 より:

    長男小2が軽度の自閉症スペクトラムです。
    拘りが強く、思い通りにいかないとすぐに癇癪を起こし、家族を殴る髪を引っ張るなどの暴力、大声で叫ぶ泣く暴れる物を壊す、、等、とにかく癇癪が派手で、一度癇癪を起こすと止める方法はなく、ただじっと嵐が去るまで耐え続ける毎日です。
    なるべく、癇癪を起こさないような環境を整える工夫をしていますが、ほんの些細な事や予測もつかない事で癇癪を起こすので、未然に防ぐ事は難しいです。 それでも、息子が少しでも生きやすいようにと、夫婦で何年も自分の時間すら持たず全力で取り組んでいます。正直疲れた、もう家族で心中したいと思う事も何度もありますが、親の都合で息子の未来を奪ってはいけないと歯をくいしばる毎日です。

    5歳過ぎるまでは多動も酷かったので、癇癪+よく動く周り、マンションの住人や公園で遊ぶ親子からよくお叱りを受け、何度も頭を下げてきました。軽度で知的な遅れがないため周囲に育てにくさを理解してもらえず、その度に、躾が悪い、育て方が悪い、愛情不足等、沢山のお叱り批判を受けました。その周りからのストレスで心に余裕がなくなり、それが息子に悪影響になるからと思い、思い切って一軒家をローンで購入し引っ越しました。戸建てなら暴れてる時の声や音に神経質にならなくてすむと少し楽になりました。

    ところが、引っ越して半年過ぎた頃、突然、児相の方々が訪ねてきました。虐待の通報があったと。息子が怪我をしていないか確認されました。

    とてもショックでした。
    殴られて痣だらけなのは親の方です。
    通報元は教えられない規則らしく、ご近所さんなのか、通りがかりなのか分かりません。

    児相に通報して救われる子供もいるのは事実ですが、私達家族にとっては死刑宣告を受けたような衝撃です。辛いです。息子の癇癪だけで精神的に余裕はない状態で、これ以上、周りに気を遣うことは不可能です。確認したら虐待ではありませんでした。それで終わる事ではないです。また癇癪起こして暴れたら、なるべく外に見つからないようにしなければいけないのですか。癇癪の時に一歳の次男を抱え必死で別の部屋に離れたら、ドアを蹴り出せと暴れます。その瞬間、通報されたらどうしよう、またひとつ余計なストレスが増えました。どうか、私達家族を責めないで。心が折れてしまうから。

    1. かいづあつこ より:

      ご長男との日々、手に取るようにわかります。本当によく頑張られてきましたね。
      うちの障害のある末の子も、幼いころに同じようでした。
      コロナ禍で、外にでるのもままならず、学校も休校等になって平時とは違う日々の中、拘りが強いとのご長男にとってはストレスはさらに強くなり、ご家族に向いているのでしょうが…、わかっていても辛すぎます…。

      その日々の中、児相に通報があったのは、大きなショックであったと思います。
      様々な工夫を重ねても、寄り添ってなるたけ癇癪を起さないように努めても、癇癪が起きてしまったりするのが、障害です。

      ご長男が少しでも生きやすいように、心を傾け育てられてきていることは、何よりもご長男自身に伝わっていると思います。また、周りにも理解してくれる人は育ってきてくれていると思います。
      十二分に周りに気を遣われてきているのですから、そのことは必ず周りに伝わっていっていますよ!
      お子さんが地域で育つことで、理解者・支援者を増えていきます。

      うちは、末の子がいたら大声で歌ったり、怒ったり、物にあたったりしますので窓を二重窓にしましたが、それでも、今でも、末の子がいたら絶対に窓をあけません。
      そんな末の子ですが、幼いころに比較したらずっとずっと癇癪は収まってきました。
      ご長男も成長とともにきっと癇癪も軽くなっていくように思います。

      お子さんに寄り添い育ててきてこられているご自身をいっぱいいっぱい褒めて、ご自身にご褒美をあげてください。

      お住いの自治体にある子ども家庭支援センターには、相談はされましたか。
      児相の訪問があったことから、子ども家庭支援センターも子育てが大変であることを十分に理解されていると思います。
      こんな支援があれば・・・ということの実現に力を貸してくれると思います。
      学校とのことでも、力を貸してくれるはずです。

      また、私でよければ、いつでもご連絡をください。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

  9. くまみ より:

    この子を産んだ瞬間から私の人生終わりました。もう幸せにはなれません。死にたい。死んでほしい。

    1. 匿名 より:

      私も今同じこと考えていました。
      もう死にたいです。

    2. かいづあつこ より:

      障害のある子の親たちで話をしていると、
      殺して一緒に死のうと思った。
      自分の人生をすべてあきらめることが、障害のある子の親なんだ・・
      といったことを思ったことがあると、多くの親が語っていました。
      自分だけではないんだ。。。と何度も思いました。

      障害の有無にかかわらず、子どもの育ちと親の日々、
      それぞれの人生をその人が思うように暮らせるように 支援する策を作るのが 行政の仕事です。
      子どもの障害が親の人生を苦しめるわけではなく、社会の環境が、障害のある親が幸せになれないような状況を生み出しています。

      どんな支援が、今の暮らしにあればいいですか。相談されてみませんか。
      支援を得るお手伝いもします。 

      1. 匿名 より:

        将来、納税できる可能性が万にひとつもないような子にまで、意味のない就学を強制しないような当たり前の判断がほしいです。もちろん就学を希望する方には厚く支援してあげてほしい。でも希望していないのに強要することに何の救いがあるのですか?手も足も股関節も曲がっていて座ることも立つことも、指先を随意に動かすこともできず、脳に奇形もあって発語も意思疎通もできず、嚥下障害で自分の唾で毎日溺れて苦しんでいる子に、何が「どんな子にも教育は必要です」「就学は親の義務です」ですか。毎日死にそうになっている子に、吸引もしてくれないくせに何が「今日は折り紙をしましょう」ですか。この子に必要なのはお仕着せの一辺倒のマニュアルだけの上辺だけやったふりの教育支援なんかじゃありません。何も出来ないならせめて黙ってそっとしておいてください。あなたが「してあげたい支援(多数の制限あり)」を押し付けて支援オナニーするのはやめてくださいね。

        1. 匿名 より:

          一番の救いは安楽死じゃないですかね?
          本人や家族が合意すれば、重度障碍者は安楽死できるようにしてほしいですね

          まあ綺麗ごとを唱えてメシを食ってる連中が、一斉に非難して絶対に可決しませんがw

          そのままでは生きることすら出来ない命を必死で世話して、ただ「死なないように」するだけ
          どうやっても周囲に労苦しかかけない存在、そんな命になんの価値があるんでしょうね?

          1. より:

            俺もてめえらみたいなのを安楽死させる方法があったら、いいなと思うよ。

          2. ああああ より:

            障害者に社会参画させることが可能なくらい発達した社会システムであるという体面がとれないことで、後進国扱いされる

      2. 匿名 より:

        発達障害の娘がいます。
        皆さんと同じく毎日辛い思いをしながら生きています。
        この子を殺して私も死ねたらどんなに楽になるか。
        医者もカウンセラーも子供の話しか聞かない。
        親の話しを聞いたって、歩み寄って理解してあげなさい、好きなことを止めてはいけない、って。
        好きなことさせてたら どんな人間になるか考えて言ってますか?
        自力で生きていくために社会に順応出来るように育てようとしてるのに否定されて、かと言って自由なダメ人間になったら社会が面倒みてくれる訳でもない。
        専門家だってキレイ事しか言わないし、専門書だって神話しか書いてない。
        障害児育てたことないでしょう?理想じゃ生きていけないんですよ。

        無責任なこと言うくらいなら、子供殺すのも心中も許してもらえないなら、阿呆船でも作って下さい。
        親にとったら子供を見放すことは死ぬのと同じくらい辛いことなんだから。

    3. 匿名 より:

      私も毎日「この子を産んだから、もう幸せになれない」「早く死にたい」と思いながら育児をしています。我が子を手にかけることは出来ないので自分が死ぬしかない……毎日「死にたい」と検索しています。
      同じような方がいらっしゃって、不謹慎なのでしょうけど「私だけじゃなかった」と、ホッとしてしまいました。

      1. 匿名 より:

        私もです。
        死にたい…楽になりたい…
        もう発達障害の子供を愛せなく
        なりました。
        どんなに努力しても変わらない
        現実、これ以上頑張れない。
        健常者に産めなかった自分を
        ずっと呪って生きてる…

        1. 匿名 より:

          私は死にたいとは思っても死ぬ勇気がない。
          だったら捨てて何もかも自由になりたいが本音です。
          生まれてから今まで、全力で頑張ってきても報われない今。中一になって引きこもり反抗期、暴言癇癪。気力も体力ももうついてきません。もうこの先無理だと施設に預けてしまいたい。

          1. 匿名 より:

            うちもそう。憎しみしか持てなくて、消えてほしい。
            どんだけ耐えればいいのかな…
            発達障害で、自分の思いと違う事を言ったり、したりするとブチギレ暴れる。
            交通事故で死んでくれないか…
            そんな事ばかり考えてしまう自分が壊れてしまいそうで嫌。

          2. 匿名 より:

            わかります。うちはもう成人前ですが、どうにもならないことに腹を立て暴れ回ってます。いつか他人様を傷つけるんじゃないかと恐ろしい。でも病院も役所も警察も、本人が望めば…と言う返答しか返ってこない。ならば他人様を傷つける前に自分を傷つけて消えて欲しいとさえ思う。

        2. より:

          だったら、最初から産むなや、
          ボケ、てめえらのそのクソみたいな愚痴に付き合わされる子の気持ちにもなれや、ゴミどもが
          てめえらみたいな奴は地獄に落ちろ。

          1. 匿名 より:

            な さん
            もうちょっとキレイな言葉遣いにしませんか?

          2. ああああ より:

            逆効果。これ、ようは最初はともかく2つ目のコメント以降が自演とか騙りだと見えてキレてるんでしょ?

          3. 匿名 より:

            親サイドのホンネを見て発狂しちゃったのかな。これが現実だよ

          4. 匿名 より:

            な さんの意見は発達障害当事者として共感できなくもないです。子供も苦しいです。ネットを見ていても「健常児を産みたかった」というコメントがとてもよく目につきます。でも当事者側の意見としては、「健常児に産んで欲しかった。」

          5. みーこ より:

            健常児が産みたかったのも、健常児に産んで欲しかったのも、誰にもどうすることも出来ない、誰も悪くない。
            ホントになんの罰ゲームなの?
            前世でよっぽど悪い事したのかな?
            何故私だけこんな人生なんだ。
            他のサイトで愚痴吐いたら、子供が可哀想、何故産んだ?快楽優先した罰だとか。
            他の人なら夫婦なら当然の事なのに、何故私だけそんなボロくそ言われなきゃなんないのか。子供が欲しくなるのは人間に備わってる当然の本能なのに何故私だけそんなにお前が全部悪いって言われなきゃなんないのか。
            毎日救いを求めてネットめぐりをしてるけど綺麗事ばっか。
            そのエピソード絶対嘘だろって事例ばっか。
            けど今日見つけたここに私と同じ、うちの子と同じ人がたくさんいてほんの少しだけ救われました。
            自分だけじゃないって物凄く救われますよね。
            ここの人達で集落を作って、子供も親も自分だけじゃない世界で生きれたら少しは楽な気がする。

    4. 匿名 より:

      私も同じ気持ちです。
      子供に障害があり、親が精神的に参っているのであれば、合法的に死ねるという法案を可決して欲しいです

      もう死にたい 
      合法でなくとも子供を道連れに死ぬのはおそらく時間の問題かもしれません
      合法なら家族や親族に迷惑をかけずに済むかな..という程度
      でも死ぬときぐらい他人の目を気にせずに死にたい

  10. 匿名 より:

    死にたい、死んでほしい、
    お2人の心の声に、共感し胸が痛くなります。

    育て方で変わるだとか、受け入れて愛情を注ぎなさいだとか、いつも常識という刀で斬りつけられ、生きるのが辛いのです。

    こんな子を産んで育てるのが、どれだけ辛く大変なことか。そして、なにより、家庭の中ではなく、理解のない社会に地獄があり、生きていけないと思ってしまうほど辛くなるのです。

    死にたいのは障害のせいではないのです。
    社会がそう思わせるのです。

    理解のある人達ばかりの社会であれば、死にたくないのです。。

    1. かいづあつこ より:

      「育て方で変わるだとか、受け入れて愛情を注ぎなさい」という常識が、障害のある子を育てていくことに、さらに辛さをもたらしていく。本当にその通りだと思います。
      障害のある子を私自身、育ててきて、そうした常識を振りかざされるたびに、「だからなに」「うちの子、1週間24時間一緒にいてみて」と心の中で叫んできました。

      障害のあるお子さんのためには、という言葉と共に届けられる「支援」はむしろ、「試練」を与えられるようなことも多いのが現状だと思います。

      障害がある子を育てる縁が、家族ひとりひとりにとって豊かな時間となるように、社会を変えていきたい、制度を変えたいと強く思っています。

      ~だったらと、感じられること、ぜひご意見を聞かせてください。
      よろしくお願いします。

      1. 匿名 より:

        私も限界です。うちは子供兄妹2人です。特に妹の方が再重度で… 毎日何度も死んでと口に出したりも、心では…常に叫んでます。

        1. 匿名 より:

          施設に預けられないのですか?

          1. ああああ より:

            これねー、難しいんよ。狭き門なの。

  11. より:

    自閉症の小学生の母です。
    障害児の親になって実感したこと。
    障害児がいたら周りも、家族も、世間も、全部、
    迷惑
    不幸
    社会のお荷物
    いない方が良い
    です。

    だから
    障害児殺しても良い法案、願います
    私も一緒にいってあげるから
    一人で、なんて、可哀想すぎるから
    こんな子供を産んだ罰を受けるから

    せめて苦しまずにいかせてあげたい

    その方がみんな幸せだよね

    1. かいづあつこ より:

      障害のある子はもちろん、
      家族一人ひとりが幸せになれる日々を過ごせるように、政治を動かしていきます。

      不幸に感じるときを、教えてもらえたら嬉しいです。 

      1. 匿名 より:

        わかってないね。偽善者が
        生きてても迷惑だとわかってるんだよ。今後も納税者になれる事もない。本人も辛い。周りも辛い。義務を果さず権利主張するような人になりたくないんだよ!

    2. 匿名 より:

      社会の迷惑でしかない私達に死ぬ権利を与えてください。今後この子が何の役に立つのか。皆無です。今はまだ良いですが、いずれ自分が要らない存在だと気がつく前に死ねたら幸せだよ。

    3. 匿名 より:

      まって、子供と一緒に犠牲になる権利は
      親と言えどもないと思うんだ

      1. 匿名 より:

        ダメでしょ、残された子がまた別の人間に労苦を強いるだけなんだから
        ちゃんと製造物責任を取ってくれる親は称賛するべき

        まあどうやっても一定数のエラーが発生してしまうのは自然の摂理なので
        出生前診断での間引きと、重度障碍者は安楽死できる制度が必要ですね

        臭いものには蓋しかしないこの国では、絶対に無理だと思いますが・・・

      2. 匿名 より:

        権利、権利、それしか考えられないのでしょうか。あなたは現実で権利しか見ていないのですか?障害者施設へ行きましょう。そして障害児を授かってみて下さい。障害児を授かった方々がこんなに悲鳴をあげているのが見えない盲目な方にも権利はありますね。障害児にもその親にも権利はあります。だからなんですか?権利があれば人は人を殺さないとでも言いますか。権利があればそれに従う者ばかりですか?余程都合良く世界を見ていますね。笑えてきます。

        1. ああああ より:

          何にコメント返してるの?ちゃんと読めば?

    4. 匿名 より:

      たとえ障害を持った子供が生まれてきても、その障害児は国が受け入れてくれる
      産んだ母親は、これまでの通りの人生を歩める

      そのような世の中じゃないと、誰も怖くて子供を産みたがらないよ

      子供を産み育てることなく、仕事で成功している女性が羨ましい、妬ましい

  12. 夜ねて朝おきたい より:

    うちも中度障害児そだててます。
    身体障がいもありますが、知的も発達も遅れています。
    まだまだ軽いほうだよって病院から何回言われたか。
    小さい頃は保育園は無理で幼稚園。
    小学生になっても近くの小学校からは障害を理由に断られ、少し遠い小学校の支援学級まで毎日送り迎え。
    病院やら訪問看護やらが週最低でも三回ははいり、保護者はいなきゃいけない。
    興味がわけばなんでもさわる子で、いまだに勝手にいろんなものをさわられ、勝手にものを食べゴミ箱に捨てられず、薬の時間、夜中も時間でトイレに連れてったり医療ケアも必要で、
    この子が産まれてから今でも夜は3時間ごとの睡眠に。
    弟がいるが、弟は健常者。
    比較する気もないが、気がついたら比較してて、健常というだけでこんなにも楽なんだとまざまざ気付かされる。
    旦那は出てって離婚し、一人で何とかしなきゃいけない毎日に行政にも学校にも相談することが疲れる。
    相談したところで、結果仕事が増えるだけ。
    社会に適合しないわけだから、親がみないと。
    でなきゃ施設もありますよ。と。
    どんどん母親が追い込まれ、身動きとれなくなる。

    ついにこの間、娘に言ってしまった一言。
    「おまえなんか産まれなきゃ良かったのに。生まなきゃ良かった。早く死ねばいーのに!」
    自分の口からあふれでてきて本当に後悔した反面、どこかスッキリする自分もいた。
    心の中でずっと抱えてきた何かをついにはいてしまった。

    娘はギャン泣き。

    保育士でも専門の勉強をしたわけでもない、
    ましてそんな場所は用意されず自分で調べてやらなきゃならず、手探りをずっと続けている。
    娘にも周囲にもずっと気をはったまま。
    いつでも臨戦態勢。

    すぐ人は行政に頼ればよいのにというけど、大量の書類を書かされ、その度に審議がはいり、面接が数回はいり、只でさえ疲れているところにさらに疲れがたまり、
    病院でも長時間の待ち合いに、気がついたら1日終わってて何もできないまんま。
    深夜に片付けしてて、
    何が楽な方なのかなと思う。

    学校やデイサービスにしても入るだけではだめ。
    親との連携がなんて、学校で先生が無理なときは母親がついてて下さいになる。
    個人面談では家と違う姿に責められてるような気がする。

    娘はいらない。
    娘がいらないなら、こんな娘をうんだ私もいらないとおもってしまう。

    周りのせいにする気はなくとも今の社会での生きづらさは本当に強い。

    どうしたらよいのだろうと日々考えています。
    答えはありませんが。

    1. かいづあつこ より:

      お嬢さんもあなたも、大事です。
      学校で先生が無理な時に、親についてくださいは、ありえないことです。
      例えば、そうしたことをなくすために、ご連絡をいただければ動きます。
      もちろん文京区でなくてもです。

      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

  13. 重度もキツいが軽度はもっとキツい より:

    もうすぐ5歳になる息子(頭は3歳程度)の母です。

    見た目や体格は健常児となんら変わらない為、オモチャのみの片づけに1日要したり、人にけがをさせてもケロッとしていたり、外出先で商品の食材をダメにしたり、大きな声で喚いたり、大きな足音をたてる度に注意しても30秒と経たず忘れたり、道路に飛び出し轢かれかけたり。いっそ死んでくれたほうがラクになるのに、と本気で思ってしまう自分に嫌気がさします。

    これが就学前ならまだ子供らしさの範疇でしょうが、就学、そしてその先の就職・自立を考えた時に社会に馴染めず一生親がフォローするという現実が見えてしまいやはり死んでほしいと考えてしまいます。
    軽度ということで手帳等も一切発行されず、社会からはすべての事を健常児と同等に求められます。当然、就職もです。不可能です。

    正直、ハッキリと診断が降りハッキリと障害だと周りに言える方が安心します。行政のフォローも手厚いですし。

    こんなんで2人目なんて無理です。1人目で人生終わってるんだから。
    障害は遺伝性が強いという研究が最有力です。
    もし2人目も障害児だったら…どうなるんでしょうかね?死ぬ自信はあります。

    障害児は要らない。施設にぶちこんでも白い目で見られない社会になってほしい。

    1. かいづあつこ より:

      息子さんの様子、小さい頃の我が子と重なります。
      目が離せない日々でした・・・

      軽度でも手帳は発行されます。
      また、自治体は障害の有無に関わらず、個々の家庭にあった支援が受けられるようになっている傾向です。

      よろしければ一緒に必要な支援を受けられるように動きます。
      ご連絡をください。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

      1. 重度もキツいが軽度はもっとキツい より:

        >軽度でも手帳は発行されます。

        児童相談所に行ってもIQ自体「は」手帳取得ラインの『ほんの少し上』ということで発行してもらえず。
        精神病院に行っても「自閉とADHDでほぼ確定でしょうが6歳までまだ様子を見ましょう」と発行してもらえず。1年以上、ずっと宙ぶらりんです。
        「今」動かなければもっと大変なことになるのに…。

        現在は市立保育園に加配つきで通わせてもらっていますが、市が「この子には支援が必要だ」と認めているのに手帳が発行されない事が歯がゆいです。
        (去年までは障害児専門の園にいましたが発語が出現した為転園をお願いされました。

        それぐらい真っ黒に近いグレーなのに、宙ぶらりんにされ続けているのが何より辛いです。

        1. かいづあつこ より:

          疲れますよね・・・
          お気持ち、非常に察します。

          以下は障害者の定義について都教委が出しているものに書かれているものです。
          ~~~~
          障害者基本法第 2 条第 1 号に規定する障害者、すなわち、「身体障害、知的障害、精神障
          害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるもの」としています。
          これは、障害者が日常生活又は社会生活において受ける制限は、障害のみに起因するもの
          ではなく、社会における様々な障壁と相対することによって生ずるものであるとする「社会モデル」の考え方を踏まえています。
          障害者差別解消法が対象とする障害者は、いわゆる障害者手帳の所持者に限りません。
          ~~~~~~~~~~

          手帳はたかが手帳ですが、されど手帳。持つことで、支援が増えるのも確かです。

          精神科に、再度、最近の様子を伝えられて手帳の発行を希望されるのも、一案かとも思います。
          また、知的障害手帳について、IQが規定を上回っても、知的な判断力が年齢相応にないことで、危険な状況があることを書きだして、再度、発行申請の検査を受けるといいかもしれないです。

          いずれも、さらにひと手間、ふた手間・・。
          こうしたことが、なおのこと辛いですよね。

    2. 匿名 より:

      障害は遺伝というのは本当でしょうか?
      知的障害の兄弟を持ちそれ遺伝するという理由で非難されております。

    3. 匿名 より:

      この書き込み見るかぎり軽度ではないですよ。軽度、軽度って自慢してるようにみえます。

  14. 匿名 より:

    私の子供はダウン症で重度知的障害、嚥下障害、自閉症も合併しており、喋れず、身の回りは全介助です。
    現在、近畿県内の養護学校の小学生ですが、保育園のときは保育士から虐待を受けていました。喋れない障害児だけを狙った非常に悪質なものでした。私は命がけで保育園と戦いましたが、保育園は隠蔽をしました。その保育士たちは、何もなかったかのように今でも保育士として働いています。

    在住市も県も見て見ぬふりです。どんなに重度障害児でも親の支援はありません。我が家は祖父母もみんな他界しており、頼れる身内もおらず、365日まともに寝ることはできてません。自分の寿命を削って介護しています。しかし、在住市のホームページには堂々と「ショートステイ(◯◯市子育て支援短期利用事業)」と載せていますが、そんなもの存在しません。私が病気になったとき、入院したときでさえ、助けてもらえませんでした。在住市の障害福祉課へ相談しても「わかるものがいません」という対応です。本当に怒りを通り越して、悲しくなります。

    重度障害児の親も人間らしく生きたいです…。

    1. かいづあつこ より:

      子ども自身が、どのような障害をもっていても、その人らしく生きていかれるように支援や配慮をすることが行政の仕事であることは、もちろん。
      同様に家族一人ひとりもです。

      保育園で保育士から虐待を受けてたこと、声をあげ闘われれたこと、お子さんは本当に幸せですね。
      一方、そこに本人の訴えがないことや、同僚の証言が得られないといったことで、ないことにしたのでしょうね・・・ 強い怒りを覚えます。

      現状も、朝までゆっくりと睡眠をとれることのない現状。本当につらいものです。

      私で何か、お手伝いできることがあれば、いつでもご連絡ください。
      行政に対して、障害児家庭への支援についての研究してきたものとして、交渉ができることもあるかもしれません。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

      子どもに障害の有無に関わらず、親も人間らしく生きていかれる社会をぜひ、作っていきたいです。

  15. 匿名 より:

    日本人の他人に迷惑をかけてはいけないという思想が根強い限り問題は解決どころか何も進歩しないと思う。
    こういう国なんだと認識しながらだましだまし生きていくしかないと思う。
    普通から外れたら白い目で見られる様な国だし・・・

  16. 匿名 より:

    他人に迷惑をかけないように、
    非常識な親だと思われないように、

    ただそれだけのために、
    自閉症スペクトラムの特徴で苦手な事でさえ、きちんと親として人前で息子を叱り。。

    でも、叱ることは、逆効果でしかなく、叱っても出来ないことは出来ない、それどころか、二次的な精神疾患に繋がるだけ。
    叱る事は、息子を不幸にするだけの行為なのに、親の体裁の為に叱る情け無い自分が辛い。

    いわゆるグレーゾーンで、一見分かりにくい子供が一定数いて、育てにくく、生きづらく、親子がどれほど大変なのか、この現実を、普通の人達が、具体的に知るような番組や情報をもっとメディアで発信してほしいです。

    精神科医の本田秀夫先生の書かれた本を何冊か読みました。このような先生が、メディアで多く発信してくだされば、理解が深まる社会になるのではないかと思いました。

    1. かいづあつこ より:

      もう20年近くに前になりますが、当時、愛育養護学校の校長先生であった岩崎先生が、
      外に校外学習にでるときなどが、一番、教員の葛藤が生じるんですよ・・・と言われていました。
      教員として、周囲にどうみられるか。ちゃんと子どもたちを叱っているかどうか。体裁との葛藤だと・・・
      日常の中であれば。親は、なおのこと、そうした場面は多いと思います。
      まずは、親自身を責めずに、葛藤を感じたことを大事にされてください。とも言われました。

      自分自身が、そうした場面になるたびに・・・・今も、思い返しています。

      理解が深まる社会にしていきたいです!

  17. 匿名 より:

    もう死にたくて、ここにたどり着きました。
    障害児を産んだら、人生終わり。みたいなコメントにみょーに、そうだったのか。だから私はつらいのか。と思わされました。皆さんと同じように息子は癇癪を起こしたり、キレたり、周りに白い目で見られ、学校の先生にも恵まれず、どうにかやっと18歳になりました。
    最悪です。今度はキレ方がひどいです。もう大人ですものね。小さいうちに一緒に死んでしまえばよかった。今でもいいか。
    みなさん、こういう場合、きょうだいは連れて行くべきですか?母子家庭なんですが、もう1人、できの良い20歳の娘がいます。私と息子が死んだら!1人ぼっちです。かわいそうです。
    けど協力してくれる訳でもなく、見て見ぬふり。
    かといって、一緒に連れていくべきか、娘がいなければ、あっさりいけるんだけど。
    障害児産んで、幸せになりたい。なんて思うから、なれないんだ。納得しました。
    納得したのもほんの一瞬。
    生きる意味も楽しみも期待もなく生きるんだ。
    死んだほうマシですね。

    1. かいづあつこ より:

      障害児産んでも。幸せになっていいこと 幸せになりたい、そういう社会にしたいと思っています。

      ただ、死んだ方がマシ・・って気持ち、幸せになどなれない・・・という気持ち、障害のある子を産んだことが、自己責任のように支援がまだまだ足りていず、学校では障害のある「子ども」というだけに、偏見や差罰をもった先生たちがいて、子どもや家庭の問題にすり替えてくる現実なだけに、わきあがってきて不思議ではないです

      キレ方がひどいのも、親でも恐怖感を感じることだと思います。
      よくわかります。このコロナ禍で、キレ方が激しくなっている家庭が多いようにも感じます。
      うちでも、同じです。

      死なずにマシ になる方法を考えていきたいですね。

      あなただけの問題ではなく、私の、みんなの問題です。
      一緒に考えさせてください。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

    2. 匿名 より:

      兄妹、うちも妹は出来がいいです。元は穏やかで可愛い子だったのに、やっぱり兄と私の関係が良くない為、影響を受けたと思います。近所でもうちは無視されてます。怒鳴り声の絶えない頭のおかしい家だもの当然ですね。小さい頃は毎日園から電話、謝罪の毎日。行政に相談しても返事は同じ。話を聞いてもらって何になる?変わらない。もうすぐ学生が終わる。これからどうなるのか…兄の為に妹が犠牲になる事があってはならない。妹がいなければ、兄と終わる事だけを考えればよかったのにとも思います。もう終わりたいのに兄を残して死ねない。辛いですね。

      1. かいづあつこ より:

        妹さんも、お兄さんも、親自身も誰もが、希望を見いだせる状況を生み出せるか、具体的に動くのが行政の仕事です。
        話を聞き、共感することが行政の仕事ではないことを自覚し、動いてほしいと心から思います。

    3. 匿名 より:

      娘さんは連れて行かないで。
      お母さんと息子が亡くなれば悲しいですが、時間が癒してくれるはず。
      自分で自分の人生を生きれます。
      巻き込まないで。

  18. 匿名 より:

    死にたい。全てに見放されました。全てやりました。でもダメでした。薬も効かず。叫んでばかり。死にたい。旦那も息子2人も障害。毎日、揉めて。暴れて。神様は私をいつまでもこの家族の犠牲にさせる。療育も児相も病院も薬も体操も散歩も食事も音楽も全てやり尽くしたのに。何にも役にたちませんでした。今はただの動物。暴れ叫び食べまくり。風呂め入らず

    1. かいづあうこ より:

      子どもにとって良いと言われる、思うことはすべてされても・・・
      日々、もめごとばかりで暴れられることの日常は、本当につらいものです。

      自治体は、本来、そうした状況に最優先で支援をしていくべきことが、障害福祉です。
      よろしければ、私が自治体の担当課に、ご希望のことを交渉をしてみます。
      ご連絡をください。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

    2. 匿名 より:

      何で旦那が障害持ってんのに子供作って産んだんですか?
      気づかなかったんですか?
      もし分かってて子供作ったなら遺伝です。
      だから障害者が増えるんです。

      1. 匿名 より:

        軽度の場合、子供が出来るまで気付かない事もあるのです。

        1. 匿名 より:

          うちは離婚していますが、多分元旦那にも障害があると思います。
          遺伝の確率が高いんですよね。
          変わった人だとは思っていましたが、障害とは思いませんでした。
          私にも、ADHDの傾向があるかも知れませんが、検査は問題無しでした。
          3人中、1人が発達障害、1人はグレー。
          1人親、養育費無し、死にたいと言うか、このままだと軽く死ねそうっていつも思っています。

  19. 匿名 より:

    暴れて、逮捕。裁判所にもいきました。就労移行支援もクビ。ショートステイもクビ。死んでからの事を考えて準備してもすぐにお断りされます。次男も同じ。とんちんかんで何度も警察にお呼ばれ。警察で暴れ。警察に恨みつらみ電話をかけ。疲れました。薬も効かず、療育も全てやり尽くしたのに。二次障害はキツいです。児相も病院もうちの大変さにみんなお断りされました。毎日不平不満の彼らの奴隷。暴れて騒いで。通報されて。死にたい。ウチみたいな暴れる子供はどこもお断りされます。生き場所なくて。もう、行政も病院も信じない。誰も救ってくれません。うちの家族が重症すぎて。

    1. かいづあつこ より:

      八方塞がりになる。障害のある子を育てていると何度も突き当たる・・・
      そうした親は少なくないと思います。

      児相や病院、就労移行等の障害者施設、学校、行政・・・ 変われば八方塞がりは激減すると実感しています。
      変えていくお手伝い、よければ言ってください。
      ご連絡をください。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

      返信

      1. 匿名 より:

        何度も相談しました。ありきたりのことしか言われなくて何度もガッカリしました。日本の教育制度が根本からおかしいのが原因かと。軽度は何の支援も受けられず、年齢が高くなるにつれ、人間不信が酷くなって引きこもりになりつつあります。

        1. 匿名 より:

          似たような感じです。
          行政からはお断りされますよね。
          先が見えないです。

  20. 匿名 より:

    健常者の親になりたかった。幸せだろうな。毎日が。話が通じるって。うちはなぜ?こんなことで?突然、キレて暴れる。壁も扉もいすも穴だらけ。携帯も恰好の餌食。3歳から薬飲んで。療育して。全てやり尽くしたのに2次障害。旦那も癇癪。一緒に療育に通った仲間はみんな立派に普通に就職。うちは髭の髪ぼうぼうのデブな引きこもり。悲しくて、誰にも会えなくなりました。全ての友達も無くしました。
    生きてるのは世の中にあの二人の面倒を押し付けられないから。何とかギリギリのところで生きてる。うちは夢も希望もありません。生きてる限り、あの2人の犠牲なり、毎日不平不満に付き合い、暴力と暴言に耐えるのです

    1. かいづあつこ より:

      お子さんたちが、暴力・暴言で過ごす日常を変え、親も生まれてきてよかったとなるように、
      お手伝いさせてください。
      ご連絡をください。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

    2. 匿名 より:

      私は発達障害、トゥレット症候群当事者です。私も似たような思いです。健常児になりたかった。私はまだ日常生活は送れるくらいなので突出した問題はないのですが、ふとした時に、「あぁ、健常者だったらな。もっと楽しかったんだろうな。」と思ってしまいます。希望を捨てきれない。

  21. 匿名希望 より:

    東京都民ではありませんが、子供のことで精神的に参ってしまい、検索していたらこちらのサイトが出てきました。コメントを読んでいたら、苦労して死にたいと思っているのは自分だけではないと悲しさと同時に少し励まされました。以前から感じているのですが、すごく症状の軽い知的障害、知的の遅れのない自閉症に関する書籍が出ていて理解は進んでるのに、最重度から中等度に対する接し方の研究は進んでいないと思います。軽度のほうが辛いとのコメントがありましたが、その方のお子さんは決して軽度ではないと思われます。児相の発達検査の結果はあくまでも単なるその日のテストの結果だけで、数分から数時間しか関わったことのない人が判断するわけなのですから。しかも、障害のある人に関わる人の知的障害、自閉症、adhdの知識の低さを感じます。福祉相談員の人でも、知的障害の症状を自閉症だと思っている。知的障害と自閉症は別なのに。知的障害=自閉症と思っている人が非常に多い。知識のない人が相談員をやったり、障害のある人に関わったことのない保健師が育児相談をやるから、悩んでる親が傷ついたりする。私も不愉快な思いをしました。まず、親を支える立場の人の知識、悩んでる親に対する対応から改善しないといつまでたっても変わらないと思います。

    1. かいづあつこ より:

      障害のある子どもを育てることは、精神的に参ることが多々ありますね。。。

      ご指摘の通り、知識のない人が相談員をやったり・・・といったことは、本当に大きな問題です。

      背景の一因には、軽い知的障害や知的障害がない発達障害に関してはまだまだ知られていない。一方、知的障害が中度等ある子どもへの教育・支援は、長年の実績があり、人材も含めすでに構築されているからだと思います。

      「親を支える立場の人の知識、悩んでる親に対する対応」が改善されれば、障害のある我が子との縁を、ずっとずっと楽しむことができると思っています。
      「障害」は我が子にあるのではなく。周囲にあることで、障害のある子を育てる困難さが生まれてくるので、対応を改善していきたいと思っています。

      引き続きご意見をいただければ幸いです。

      1. るーまま より:

        乳幼児健診で気がかりな点を話せば保健師らに大笑いされ、それで親の杞憂に終わらなかった厳然たる事実については謝罪の一つもなく、でもこれは私が経験した昔のことばかりだと思っていましたが、今も現場ではプロフェッショナルの手が足りてはいないということなのですね。とても残念に思います。たたですら孤独な子育ての中、せめてお話して良かったと思えるような人材がほしいところですね。

  22. 匿名 より:

    もう疲れた。。

    一歳半健診で引っかかったのから始まりで、2歳で自閉症+知的障害の診断が出ました。
    こちらで沢山の方が書かれているように、辛く長く苦しい子供時代もなんとか終わり……
    現在 娘は22歳になります。

    支援学校を卒業した後 作業所で働いているのですが、
    作業所での態度などで指導員の方から度々ラインで注意を受けることがあり…謝りの返信ばかりをしていて…
    もう学校ではなく 賃金をもらって通わせてもらっているので、甘いことは言ってられないのも分かるのですが…

    私は一生このやり取りをしなければならないのかと思うと…正直疲れ果てました…。

    下の子にこの子を残してしまわないように‥
    まだ余力のある 60歳くらいになったら この子を道連れに死ななければとずっと思ってきましたが…
    もう早めでもよいのかという気持ちが…最近頭の中でぐるぐるします……。

    障害児をお持ちの皆さんが…
    こんなに死にたいと思っている方が多かったとは。。。
    私も周りの人には言った事なかったんですが‥
    同じです。。

    子が成人を過ぎてもまだまだ終わりはないんです…。

    自分のほんとうの身内に障害の子を持たないと、この苦しみはわからないと思います。

    1. かいづあつこ より:

      死にたい・・・
      障害のある子の親になることを想像をしたこともない、したくなかった・・
      そうした人生の中、
      障害のある子の親になり、戸惑い、通常がよくわからないけれど、障害のない子どもに産んであげられなかったという負い目・・・
      先々の支援の情報も、実際の支援の乏しさ。。。
      しかも、支援を得るためには、時には行政と闘わないといけないという、現実・・・
      子どものためには、朝までぐっすり眠ることもできない日常・・・
      朝があけたら始まる、子どもの介助・・・
      学校や施設から、ダメ出しが続く・・・

      死にたくなって不思議ではないと、自分自身を通しても痛感します。

      成人過ぎても、まだまだ終わらない日々です・・・
      障害のある子どもを育てることが、死にたいと思える制度のあり方は異常です!
      私は絶対に、変えていきたいと思っています。変えていきます!

      辛いこと、これからも教えてください。
      当事者の声こそが、制度をかえる大きな力になると思っています。

  23. 匿名 より:

    重症心身障害のこどもを産み、産んでからずっと鬱状態です。
    この病気は、長く生きられないから、延命しないという病院もある。
    親にその権利が認められていることが多いと、産んだ後に他府県の同じ病気のお母さんから聞いた。、
    でも、わたしの病院はそれを認めてくれなかった。
    転院するのも自分で探せばって言われて、もう臨月なのに、そこで産むしかなかった。
    なんでこの病院に当たってしまったんだろって今でも後悔している。
    親達の意見が何故通らないの?医者はなんの権利が、あるの?命を助けてくれても、人生は助けてくれないよね。
    誰が育てるの?医者じゃないよね。 
    上に健常のこどももいて、わたしには育てられない。
    今はNICUにいるけど、最期はそこで見送りたい。
    退院させたくない。辛い。、

    1. かいづあつこ より:

      退院後のお子さん、そして、上のきょうだいのことを考えると、お子さんを退院させたくない思い、誰でもわきあがってくることだと思います・・・

      これまでのこと、これからのこと、お子さんのことを考えれば考えられるほど、様々な思いが浮き上がってくること、自然なことだと思うのです。
      我が子に真摯に向き合っているからではないかと。。。 私は思うことにしてました。

      星野富弘さんのエッセイの中で、「後ろ向き」というエッセイがあり、後ろを向くというのは前に向かう力をため込んでいるときだといったことが書かれていたのを、障害のある子を育てる中でいつも拠り所にしてきました。

      お子さんんの退院後のこと、私が一緒に考えさせていただけるならご連絡ください。役所等への交渉でも違いがあるのが現実ですのです。
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

  24. 匿名 より:

    私も死にたいです。
    娘9歳、発達障害。
    気に入らなければ、怒鳴る、暴れる。
    警察、児童相談所に通報はしょっちゅうです。
    近所からは白い目で見られる。
    今住んでいるマンションからも出て行ってくれと言われました。
    同級生の親、学校からはしつけが悪い、甘やかしやしすぎだとか、厳しすぎるとか、好き勝手に言われる。
    児童相談所に相談に行っても、成長が遅いだけ、癇癪はどんな子にもあるからどこの親も頑張ってるからと相談にも至らず。
    今度暴れたら、殺すしかないのかなと。

    1. かいづあつこ より:

      怒鳴る暴れる子どもであっても、暮らしの中では、それとはまた別の笑顔ややさしさ、温かさに触れる時間
      それは、私自身の子育ての時間であり、
      トータルにみると、いい子です。愛しい子で共に暮らしてこれました。

      何よりも、それは周囲によって支えられてた思っています。
      様々な側面がある我が子のことを困ったと言わず、親のせいだと責められることなく、頑張れともいわれずに、それぞれの立場で我が子の気持ちに寄り添うことに力を注いでくれたおかげだと思っています。

      そうしたことがなかったら、愛しい我が子に対して、早く亡くなった方が幸せかもしれない・・と思っていたように思います。

      殺さなくても、子どももあなたも守られ、それぞれの人生が充実した時間となるようにしていきたい。

  25. こころ より:

    死にたい。
    中度の自閉症スペクトラムの小学二年の子をもつ母です。
    毎晩のように決まって寝る時間が近づいてくると、四時間位泣き続けて、私も夫も気が変になりそう。
    この子は再婚前の子どもで、前の夫(この子の実父
    )からはモラハラを受けて離婚したが、再婚したことを黙っていたから詐欺罪で訴えると脅され、養育費も支払われず、1人でずっと苦しみながら育てて来たのに、あちらはなんの苦労もせずにのんきに独身に戻って、養育費も払わず挙げ句の果てに訴えるなんて。不公平すぎる。わたしだって、親権放棄したい。新しい夫とその人との子どもも生まれ、やっと幸せになれると思ったのに、自閉症のこの子のおかげで、夫まで精神病んでしまった。
    私と結婚したせいで、夫の人生も狂わせてしまった。
    死にたい。夫も死にたいと言い始めた。
    皆で死ぬか。
    悩むうちに
    また朝がきてしまった。

    1. かいづあつこ より:

      身体も心も疲れ切る日々。。。何もかも投げ出し、明日から考えなくてすむ日々にしたいと思う気持ち、痛いほどわかります。

      今の状況の中で、お子さんのこと、ご主人のこと、あなたご自身のこと。それぞれに様々な選択肢があると思います。
      例えば、お子さんにはしばらく別に暮らしてもらうこともできます。

      明日の朝を、選択肢を持って、少しでも今の辛さが軽減できる光になるとも思います。
      よければ、いつでもご連絡ください。選択肢をそろえていかれるように動きます。

    2. たくあん より:

      こころさんの再婚された旦那さんと現在似たような境遇というか、
      まだ小さいですが障害児をもつ母である女性と交際しています。
      相手の女性のことは心から愛していて、子供も一緒に遊んだりするのですが、家族になるのが怖くてたまりません。
      まさにこころさんの現状のようなことになってしまわないだろうか、将来的に自分との子供も欲しいのですが、その子に大きな負担を強いてしまうのではないか等々、
      相手の子供のことはまだ小さいこともあり可愛いと思えることもあるのですが、普段の様子を見ているとから大きくなってからの不安要素が大きく、基本的に気持ち悪いと感じてしまいます。
      一緒にいるべきではないのかもしれませんが、相手の女性を一人にしたくありません。
      頭を悩ませる毎日です(笑)

      長文失礼しました。

      1. かいづあつこ より:

        悩まれるのは当然です。血のつながりがある親でも苦悩し、人生観、子育て感、教育観等がぶつかり合い離婚に至る率が高いのが障害のある子を育てる家庭の現状ですから。

        ただ、そうした中でも、適切な必要な支援が届くことで軽減し、家族それぞれが人生を楽しんでいく家族が少なからずあります。

        縁があって交際されている女性、そのお子さん、そして、将来に出会うかもしれないお子さんと悩みながらも笑いあえることの絶えない日常となることを心から念じています、

      2. こころ より:

        たくあんさん

        苦し紛れに吐き出した自分のコメントに、まさかコメントしていただけるなんて思ってもおらずすっかり日が過ぎて、また辛くなってここに戻ってきたら、たくあんさんがコメントを残していてくださり、同じ境遇で涙がでました。

        そのお悩み、心から分かります。
        今の夫も同じ悩みを抱えたうえで、それでも私を放っておけないからと結婚に踏み切ってくれました。

        障害児をもつ妻の気持ちとすると、心強い気持ちもある反面、愛する人にもこの苦労を一緒に背負わせてしまった罪悪感でいっぱいて、夫が下の子を可愛がれば可愛がるほど、障害児の上の子がみじめで哀れです。

        夫も、障害児の上の子が、気持ち悪いと思ってしまうそうです。
        そんな感情を一度抱いてしまったら、もう可愛いとは思うことはできないでしょう。

        とてもつらいです。

        しかし、最近上の子がお薬を服用しはじめると意志疎通が可能になり、だいぶ穏やかな時間がふえてきました。
        結婚当初より、学年も上がり、理解も増えてきました。
        一生今のままではない。成長して、いづれは独立する。
        過去の笑い話になるかもしれない。
        人生悩みは尽きないですが、無駄な事もないと思っております。
        私の家庭のようになるとは限りませんから、こんな家庭もあるのだと、参考になれば幸いです。
        もうこのコメントにはお気づきにならないかもしれませんが、応援しております。

  26. 匿名 より:

    身体障害者です。
    子供が歩きかたを真似するのに親は何もしない。
    意図的に親切にされるのが当たり前で庇護的対象。
    心からの親切と偽善の区別も付かなくなりました。健常者からすれば、知的•身体障害者に関わらず聖人君子が当たり前。マスメディアの虚像を振る舞わなくては受け入れてもらえません。
    もう人生に疲れました。
    死にます。
    上記の障害者の親子の死にたいと述べられる意見は大変貴重です。
    障害者は自発的に死ぬのが理想的なものだと思われます。

    1. かいづあつこ より:

      知らない 共に過ごしたことがないのが、偏見差別を生むのだと、我が身をもって思っています。
      かつての私は、お恥ずかしいことですが、知的障害のある人等を接したことがなく怖さから逃げていました。
      自分が障害のある子の親となり障害のあるということを知り、自分がしてきたことが、いかに愚かな残念なことであったかを思い知りました。

      これからも、生き、暮らしてください。
      私のように、何も知らなかった者の愚かさを、共に変えていく力であってほしいと、心から願っています。
      暮らしていく力になる社会を作っていくように力を尽くします。そのためにも、率直なお話をこれからも聴かせてください、

  27. 匿名 より:

    障害児の親、8年間今の倍ほどのもの距離も最初の2年間は付き添い登下校してきた。
    小学校1年生で自立登下校認めてもらうために。
    今、息子六年生、6年間1日だけ母が仕事休みの日に学校付き添い耐えれなくて体調不良でと学校へ連絡したり、朝身内が救急搬送な日も、だったら子供さんお休みですよねとか、お母さんお迎えこれますよね?
    って障害児の親にも人として最低限休養時間と生きる権利ください

    1. かいづあつこ より:

      子ども子育て支援法ができ、子育て家庭への支援は手厚くなる中、障害のある子どもの子育てについての支援は、取りこぼされているのが現状です。
      障害のある子の親であっても、親の人生がその人らしく生きられるように支援するものではなければならないのに、本当に残念な事例です。

      地元の議員にぜひ、現状をお伝えください。
      早急に改善すべきことです。
      子どもの学ぶ権利から考えてもあってはならないことです。子どもの支援からみても、まさに障害のある子に対しての差別です。
      もし、議員が動かなかったり、すればいつでもご連絡ください、

  28. 匿名 より:

    幼稚園、小中高と対人関係にぶつかりながらも育てた18歳自閉の長男。将来への不安、世間との関わりへの不安で一変。暴力、奇声、罵声が激しくなった。
    警察、精神福祉課、カウンセリング、病院 どこもこれといって助けてくれるわけでもなく、私の心身の安全を確保するため主人と話し、家族別居となりました。
    先日 長男と同居の主人から ポストに匿名で苦情の手紙が入っていた、と。
    家族がバラバラになっても長男は家族を苦しめ、周囲は理解どころかますます家族を追い詰める。
    じゃあどうしたらいいのか?どこに言えばいいの?死んでくれたらどんなに楽だろうかと思う。
    週末に楽しそうな家族を見るのが辛い。

    1. かいづあつこ より:

      週末に楽しそうな家族を見るのが辛い。。。よくわかります。

      家族別居となっている状況になるまで支援が届いていないのですから当然です。

      ご自身、ご主人、さらにご子息が安心して暮らせる支援を、考えていくこと
      私も一緒に考えさせてください、いつでもご連絡をください、
      atsukok@abelia.ocn.ne.jp

  29. りえ より:

    発達障害のある38歳女です。
    ここ読んで泣きました。悲しいです。
    私は手取り低いですが大きい会社に就労してまだマシな方ですが、障害者の親から障害者死ねって言われるとすごく辛いです。ただ死にたいっていうならまだわかりますが…。現に私も死にたいと思った事が何回もあります。世間から冷たくされ、親からも理解されない、ネット見ても誰か何か問題起こせばそいつはアスペだの発達障害者だの専門家でもないくせに!差別されてばかりです。毎日自己否定ばかりです。親のせいだと思っていませんが私だって好きで障害者になったわけじゃない!障害者の親ばかりが辛いわけじゃないんです。本人が一番辛いんです。

    1. りえ より:

      4年前の記事に感情的に書き込んで申し訳ございませんでした。私も重度心身障害者施設で少しだけですが働いていたので親御さんたちが大変なのは十分理解しております。でも遠回しでも障害者は死んだ方がいいなどと言われる筋合いはありません。私は結婚を望んでもできないし、もし受け入れてくれる相手がいたとしてもカサンドラ症候群がどうの子供に障害が遺伝するだの言われると思います。でも私は自分を受け入れたいし、自己肯定したいんです。障害者だから死ねってひどいです。

      1. かいづあつこ より:

        障害があるから、死んだ方がいい。 などと言うことは、まったく間違いです。
        命を奪う権利など誰にもないし、死んだ方がいい命など絶対にないです。

        親が「死にたい」という思いの裏には、子どもへの尽きない愛しさがあるからだと思います。
        生きづらさを抱える障害がある我が子のそばにいると、その生きづらさが子ども本人、また保護者の育て方として、何かトラブルが起こるたびに、幼稚園。保育園、学校、近隣・・・様々な場面で呼び出されてきた結果、「この社会っておかしいよ」という叫びだと読ませていただいています。

        障害のある子の親になることは、子どもの将来に明るい未来を見通せず、自分が「障害のない子どもに産んでやれなかったのではないか・・・」との葛藤にも襲われます。
        その葛藤を軽減するための支援があれば、「死んだ方がいい」などと毒を吐き出すことはなくなり、通常の子育てと同じストレスレベルになっていくと思います。
        行政等々から支援が手薄の裏返しが、障害のある子どもに向かうのだと思うのです。

        問題は、障害のある本人ではなく、家族の問題でもなく。
        自治体の障害観だと思っています。
        りえさんが、りえさんを自己肯定したいと思われていること、障害のある子を育てる親にと
        って希望にもなります。

        最後に。
        コメントを書いてくださる親御さんたちにお会いしたことはありません。
        ただ、想像しているのは、どの親御さんも、障害のある子どもが人生を楽しみながら生きていてほしいとの思いを強く持たれるからこそだと思っています。
        子どもの人生を充実するには支援の手厚です。問題は、支援の薄さで起こってくる問題だと改めて思います。

    2. 匿名 より:

      じゃあ努力しろよ。おまえの何倍も周りは我慢してるし、おまえみたいに支援受けてねんだわ。差別でなくて区別な。

    3. より:

      本人が一番辛い。その気持ち本当によくわかります。私はトゥレット症候群です。なので、周りから白い目で見られ、親にも気持ち悪いと言われます。そんなの知らんよ。そりゃ見てる側は不快かもしれない。でも当事者はもっっっと辛い。チックの症状が気持ち悪いってそんなの私が居る時だけじゃないか!私はこの障がいに四六時中苦しめられているのに!視線が痛いです。お母さん、「いい加減にして」なんて言わないで。私をこんな体に産んだのはあんたじゃないか。

  30. 匿名 より:

    先日、つらくてここにたどり着いた死にたい。と思い書き込んだ者です。書き込んだ後も親子で死ぬ事しか考えられず、娘はどうしようか。来年から念願の就職に内定もらったのに。と、悩み、どうでもよい生活をしていました。その後息子の通う特別支援学校とトラブルになり、ひどい仕打ちを受け尚更生きる力もなくなり。そんな中
    息子は暴れ、ひどい事になり、もう私だけではどうにもできなくなり警察を呼びました。ひどい。それはひどい。結果、精神病院に入りました。
    しばらく、いきなり、もう会えません。
    いままでつらかったけど、あえない。あんなひどい子だけど会いたいです。
    もう約一週間経ちます。会いたい。と泣く毎日。
    そんな中、誰も連絡してこないのですね。行政系の人達。事件が起きる前から相談してた人達からも何にも。
    日本。くさってますよ。
    私もくさってるから子供もひどいかもしれない。発達障害で暴れる。
    そうかもしれないけど、結局は誰も助けてはくれないし、支えすらなってくれない。とハッキリわかりました。簡単に苦しまず死ねる方法を用意してほしい。どっちかはやってほしい。力になりたい。と思ってくれる気持ちか、楽に終わろう。というやり方。何か与えてほしい。
    なんて思うからつらいんですね。
    結局は1人。だれも助けてはくれない。

    1. かいづあつこ より:

      息子さん、病院で安心して過ごせていること・・・
      同様に、お嬢さん、来年の就職に向けて、より充実した時間となること・・・
      ご自身も、日常の中、睡眠が十分にとれて身体、心の疲れが少しでもほぐれていくこと・・・
      心から念じています。

    2. さち より:

      自閉症スペクトラム疑いの5歳の息子の母です。
      結局はひとり、誰も助けてくれないというのに本当に共感します。

      気に入らない、自分の意見が通らないときはひどい癇癪で、親子で罵り合い不毛な戦いとなります。
      毎日苦しくて主人に助けを求めても理解してもらえません。
      だから行政に助けを求めると、「いつでも電話してください。いつでも相談しに来てください、平日は夕方までやってます」…と。
      癇癪がおこるのは本人が疲れている夜です。死にたくなるのは夜中です。
      電話する気力すらないのが行政はわからない。役所に行けるうちは症状が軽い。
      家から出られない人が一番危険なのに、どうして助けるのかなんて考えてない。
      考えようとしない。
      所詮偽善。
      所詮仕事。

      誰も助けてくれない。
      ひとりで這い出すしかない。

      そら自殺者増えるわ。
      そら虐待増えるわ。

    3. より:

      凄く良いお母さんですね。
      我が子への無償の愛に溢れていらっしゃる。
      私ならそんな状態で強制入院になったら凄く嬉しいです。
      一生退院して来ないでほしい。
      お金なら全財産払う。

  31. 匿名 より:

    障がいのある子供の子育て、頑張っても結局良いことなんてない。周囲の偏見、特に親族からの虐めはなくならない。いよいよ母親である私も途中から重複障がい。補いあって生きているけれど、そろそろ親なき後のことを考えると一緒に死にたい。子供は幼い頃から理不尽なことばかり経験してきているので昼間安心して過ごせる場もなく、折角かわれていた才能もつぶされてしまった。
    障がいなんて百害あって一利なし、それが私の結論

  32. 匿名 より:

    障害なんてないに越したことはない。
    そりゃー持って生まれたもんはしょーがねーけど存在しないに越したことはないよ障害者なんて。
    存在してるからしょーがねーってだけで。

  33. 匿名 より:

    なにかにつけて不自由な暮らし 意志疎通するのに何度も何日もかかる とりあえず親の楽しみは後回しほぼ皆無。頑張ればなんとかなるかと物陰で泣きながら、差別だの孤独との闘いの日々。

    珍しい障がいだからと療育の現場からも受け入れては貰えず、試行錯誤でやってきました。やっと同じ障がいのグループに出会えたと喜んでいましたが、今は特効薬があると知り愕然とした。
    誰にも胸のうちをあかさず数十年、(疲れました。疲れています)そしてここへたどり着きました。
    かいづさん、有難うございます。

  34. 匿名 より:

    自身が自閉症スペクトラム、息子は更に酷い発達障害。娘もグレーゾーン。旦那からのDV、暴力を振るわれて警察に助けを求めても、発達障害と言うことでこちらが悪く思われ疎んじられる。見た目は普通、健常者並の能力を求められる。
    地域の障害者の自助グループにも参加したけど、子供が発達障害で困っている人が殆で、発達障害について怒りや悲しみの声をぶつけられた。当事者も参加可のグループだけど、実際は居場所がないことを改めて実感しました。発達障害は周りを困らせるだけ。私の場合は国から何も支援がないし、更に子供も支えないといけない。そんなの無理です。
    辛くなって検索していたらこちらにたどり着きました。コメント拝見して改めて思いました。やはり障害者は死んだ方が良いです。
    死ぬのは怖いのでせめて安楽死したい。自殺未遂は2度有るけど人間死のうとしてもなかなか死ねない。家族に迷惑にならないようにしないといけないし。特に金銭面で迷惑かからない方法を探さないと。具体的に何処でどうやってと考えてみると良い方法が無くて途方に暮れてます。このまま毎日主人に怒られながら、健常者の皆さんに迷惑をかけながら生きるのが本当に辛い。日本は安楽死を認めてくれていいのに。障害者に生まれたら生きてても地獄。

  35. 匿名 より:

    小学生自閉症不登校の息子、すべて諦めました。
    親が頑張って学校に行かせて、親の力で、何とか社会適応できているように見せて、それが何になる?生きづらさは変わらない。
    むしろ、普通のことが努力でできるようになればなるほど、本人は辛くなる。
    普通の人が、10の力でやっていることを、障害者は100の力でやっていることも少なくない。それで疲弊する。でも外からはこの疲労感、徒労感は分からない。
    1つの山を何とか登ってもまた次の山が出てくるだけ。希望もないのに、なにも目指すところがないのに、もう山を登っていく気力がない。

    1. かいづあつこ より:

      誰もが 今の力で、できないことができるようにならなくても、できないことをもったまま、社会の中で生きづらさを覚えることなく、安心して楽しく過ごせるようになってこそ、障害の有無に関わらず共に生きる社会なのに。。。
      息子さんの日常、親御さんの努力を強いる社会に大きな怒りを持ちます。

      息子さんも頑張ってこられているのですね。
      きっと、その力は親御さんが自分を大切に育ててくれている安心感があるからではないかな・・・と思いました。

      息子さんの笑顔は、親御さんの努力がなくてはなんて、絶対に絶対におかしいことです。

      ちなみに、地域社会に参加するもしないも自由でなくてはならないですよね。
      参加がめちゃくちゃ、ストレスになることもあります。
      ただ、参加したいと考えたときに、安心して参加ができる地域をつくっていきたいと思っています。

      私でよければ一緒に考えさせてください。
      地域社会に、安心して参加できるように環境を整備することなどが重要で、

  36. 匿名 より:

    追記
    社会参加しなくてもいい権利。
    を多分に与えてください。

  37. 匿名 より:

    障害のある子の側として母の気持ちを知りたく検索していたところこのページに辿り着きました。遺伝子の病気で10代から中途障害者です。全部のコメントを読みました。そうだよなあ、そうだよなあ、って泣きながら読みました。親より先に終わらせるべきとは決めていましたが、こんなにずっと親を苦しめてしまっていたんですね。私も障害が重くなって辛いです。こんな風に生まれて息をする度に周りの人達を傷つけて。私は親の介護もできないでしょう。もう無理だなあ、すぐにでも生きるのやめようって選択は間違いじゃないんだなあって心から思えました。希望がないもの。死んだ方が喜んでもらえる命笑。生まれてきたくなかった。親の人生は私のものじゃない。障害を持つ子の家族が幸せになれますように。気持ちを教えてくれてありがとう。

  38. かいづあつこ より:

    親を苦しめるのは、障害のある子ではありません! 絶対に違います!

    苦しいのは、障害のある我が子が当たり前に地域で暮らす選択ができる社会になっていないことです。
    まして、子どもが「希望がない」と感じてしまう社会への憤りです。

    親の介護は、障害の有無に関わらず家族や子どもがしなくてはいけないものではないですよ
    介護はプロが。子どもも家族も、本人の気持ちに寄り添うだけでいいと私は思っています。

    生きてください! あなたが生きていてくれる。ただただ、それが親にとってうれしいです。

  39. かいづあつこ より:

    コメントを18日以降にくださった方々に謝罪です
    サバーを更新している中で 頂いたコメントが消えてしまいました
    申し訳ありませんでした!
    今後 このようなことがないように気をつけていきます
    引き続き率直なお声を頂けること願っています

  40. 匿名 より:

    障害を持つ子供の親はいつも悩んでいます。そして自分が面倒見れなくなったあとの年老いていく子供の未来に不安しかありません。
    残して死ねない。
    そうした親子が一緒に死ぬ事が出来る施設を作ってください。
    手を繋いで最後は笑顔で幸せなうちに一緒に死にたい。

    1. かいづあつこ より:

      自分が面倒を見られなくなったら・・・障害のある子の先々を私自身、日々、様々な不安を持ちます。
      残して死んだらどうなのるか・・・とも考えます。

      一方、障害のある我が子は、家族との時間以外でも周りの人を信頼して、安心して楽しそうに過ごしています。
      こうした姿を見ていると、障害があって安心して過ごせる施設等の居場所の重要性を強く思うこの頃です。

      障害のある人が安心して楽しい日々を過ごすには、障害のある人の施設の職員自身も、ゆとりをもって安心して楽しい時間を過ごせることが非常に大切だと思っています。
      そのためには以下の改善が必須だと思っています。
      ①職員の配置基準の改訂
      日中も夜間も見直し、職員が利用者一人ひとりとゆとりをもって過ごせる職員配置基準です。
      ②職員の給与の大幅アップ
      職員の給与を見直さないと、職員の応募も少なく、生活にゆとりも生まれません。

      保育園には国も各自治体も待機児童対策で大きな支援を行っています。
      障害者施設にも国等が本気で支援を行えば、障害のある我が子を残して死んでいくことへの不安はずいぶんやわらぐと思うこの頃です。

    2. 支離滅裂 より:

      後天性 重度身体児を持つ者です。
      産まれたときは極低体重児で1年NICUに。
      その後5歳で急性脳症に倒れ、命以外の全てを失い寝たきりになりました。
      支援学校へは付添い登校。
      送迎バスに乗車も拒否。
      遅刻する事も許されず、親が待機できない日は欠席、給食や校外活動時は親が対応。
      医療的ケア児の親の制限は精神的に参ります。だって、医療的ケアのないお子さんは送迎バスに乗れて親の付き添いもなくて、放課後デイサービスも行けますから。
      なんで学校へ行くのが義務なのでしょうか??療育?大学で障害の勉強はしていても医療の知識ゼロ、就職した時から生徒という部下がいて、社会の厳しさに揉まれてもいない教師に子を任せられるわけないのに。理不尽です。
      老人は病気や痴呆でも国が守り、地域で見守り、独り暮らししてる方もいる。
      なぜ、障害児は親が付きっきりで介護しないといけないのだろう?息抜きって何?

      明日は我が身
      いつどこで自分や身内が障害者になるかも分からないのに、生産性が無い 生きてるだけ無駄 運が無い 勝手な事言われて頭くる。

      障害を持つ子には罪は無いのに
      世間は悪意を持って接してくる。
      痴呆症なのに独り暮らしのおばあさんが杖を振り回して、徘徊して、暴言を吐いて、挙句に保護してあげても
      地域で見守りましょう。可哀想なんだから。と言われる事に全く理解できない。なぜ家族が付き添わない?老害でしょうが!
      障害児に税金使うなと言うなら、朝鮮人の生活保護受給者を締め出してほしい。
      あちらの方は確信犯なのに、国は見て見ぬふりして反日運動を野放ししてる。
      障害児に罪は無い。
      生きづらくしてるのは国だよ

      1. かいづあつこ より:

        障害児に罪は無い。その通りです。
        障害のある子の介護を親が家族を前提にしない制度を国がしっかりと作り上げるべきです。

        義務教育であるにも関わらず、保護者に待機を求めた等、本当におかしいと思います。
        保護者には保護者の人生があるのに、産んだ責任のように迫ってくる
        「待機ができないなら、学校は無理・・・・」とのように・・・

        待機は、万が一のときに学校の責任を逃れたいという思いからでしょう・・
        親が待機している中でなら何かあっても最終判断は親がすればいい・・・なのでしょう

        障害のある子に見せる親の背中は、「あなたが生まれてきても、親は親の人生を大切にできているよ」ということだと思っています。
        そのために、公助があるのだと考えています。

        障害のある子の生きづらさを生み出しているのは、国であり、身近な自治体、教育委員会です。
        障害は持って生まれたものにあるのではなく、まさに、国や自治体、教育委員会が「障害」です。

        しっかりと声をあげていきます。また色々と聴かせてください。

    3. 匿名 より:

      涙がとまりません。同じ考えの人がいた。

  41. 匿名 より:

    また管理会社を通してクレームがあり、年末なのに引越しをせざるを得ません。日夜問わず、騒音を出す成人前の息子に腹が立ちますが、何を言ってもキレるだけで手がつけられない。病院も行政も助けてくれない。お金はどんどん出て行くばかり。どこに住めばいいんでしょうか。私たちには「普通に」暮らす権利も与えられないのでしょうか。

    1. かいづあつこ より:

      本当に辛いですね。
      窓の内側にもうひとつ、複層ガラス等の内窓をつけることとか、玄関ドアの内側に防音シートを張ってもらう・・・
      いずれもお金がかかりますし、すでに実施されていての今かもしれないなかとも思います。

      もう一度、行政に連絡をされてみてください。
      このままでは暮らしていかれない、と緊急度をこれまで以上に強く訴えられ「課長や部長とも相談し、支援を具体的に示した回答がほしい」と相談をされてみてください。

      行政は、緊急性が高いことは動いていくかと思います。
      動かないようでしたら、自治体名を含めてご連絡をください。

    2. 匿名 より:

      うちに似ている状況です。
      つらいですよね。つらいです。
      私もつらくて死にたいです。
      住まいすらなくなる。
      自分が死ぬ覚悟はできていても、子供に手をかける事ができない。もうここまで大きくなるとなおさら。首吊りで検索。初めてした。今の私できるなー。とおもう。
      子供を連れてく方法がみつからない。
      どうやって過ごしてますか?

      1. かいづあつこ より:

        子どもを連れていく方法を検索しなければならない社会は 本当に本当におかしいです!

        その状況をぜひ、お住いの役所に伝えていただきたいです。
        追い詰められる子育てを放置する行政であっては、絶対にあってはならないことです。

        役所が手助けしてくれなければ、ぜひ、自治体名と共にお知らせください。

      2. 匿名 より:

        なにも変わりません。次から次へと不満を言い暴れるの繰り返し。生きるのが嫌だと言いながら、毎日暴れて周囲に迷惑をかけています。公的機関にも相談しますが返答はお決まりの言葉だけ。健常児の下の子を置いて死ねない。下の子のために生きなければならない、、今はそれだけです。

  42. より:

    自閉症スペクトラムと軽度知的障害の1人息子がいます。
    私も何回子供と心中しようと思ったか分かりません。
    親子2人穏やかに安楽死が出来る場所がもしあれば迷うことなく行くと思います。
    本当は2人目が欲しかったけど子育てが辛く躁鬱になってしまい薬が手放せずそれどころじゃなくなりました。
    それでも子供の前では優しいお母さんを演じなければいけないし(荒れるから)療育や幼稚園の先生の前でも良いお母さんを演じなけれいけない。なんか疲れてしまいました。

    1. かいづあつこ より:

      良いお母さんでいるのは疲れますよね。
      よくわかります。
      怒らないくてもいい場面でも、周りの目を気にして怒ってしまったり、そんなことも数々ありました。

      安楽死ができたら・・・と思うのもわかります。
      それでも、周りを頼り助けてもらい、うちの重度知的障害の子どもは、22歳になりました。
      小さいころに想像もできないほど、成長しました。
      笑い話にできることも出てくるなど、かつては考えたこともありませんでした。

      お子さんをショートステイなどに預けられるなどして、一晩ゆっくりと朝までぐっすりと眠る時間を持たれるのもいいかもしれません。一晩に何度も何度も起きなければならず、朝まで眠れたときの開放感は忘れられない記憶です。

      切なくなったら、いつでも言ってください。軽減できるように一緒に考えていかせてください。

  43. かぴ より:

    他県から失礼いたします。
    今色々限界です。ちょっと吐き出させてください。
    発達障害アスペルガー女子、
    ずっと普通級今中学生。
    支援級にも、普通級にも居場所なし。
    母もマンション住人から距離を置かれているのを、この子の障害が確定した幼稚園の頃から感じています。私たち親子に関わりたくない雰囲気よーく、感じております。参観日など少し挨拶すると、戸惑い顔、すみませんね。普通の子じゃなくて、親子とも迷惑かけず生きているだけなのですが。
    超不器用で、記憶力も悪いので、勉強も体育も音楽も、他の子の何十倍もかけてやっとできてます。
    それをアッサリと追い抜く周囲のしっかりした子、世の中ほんと不公平。普通の能力があったらなんでもなれそうなのに。我が子の努力を陰で笑う親切ヅラした近所の子たち、我が子はどんなに努力してもそこそこ止まり。評価されるのは、
    弱い者に優しく接するフリするやつら。
    ほんと不公平。通級先でも緘黙なので、評価は
    「感じ悪い、コミュニケーション能力が低い」
    そうでしょうね。。。親がみてもそう思います。
    でも、子どもからしたら、楽しくないのになぜ会話しなきゃならないのか、とのことです。
    生きづらさをずっと持ち続けてる子、
    誰かこの子のこと好きになってくれるのかな、
    この子の居場所は世界の何処にあるのかな、
    私が死ぬ時、この子が世界に1人になるなら、
    手を取りあって一緒に死にたいです

    1. かいづあつこ より:

      子の子の居場所が世界のどこにあるのかな、、、と思う不安、よくわかります、
      私自身、障害のある子が、突然、パニックになったときのことなどを思うと、自分が亡くなった後のこと
      いつも思います。

      ただ、居場所があるのかどうかは、障害のある子・人の問題ではなく、社会の問題だと最近、つくづく考えます。

      お子さんが、会話したくなるようなかかわりをどのように持つか、そうしたことを「会話したくない」という思いによりそって対応を考えていくこと人々、社会を育成することに、これからを目指していきたいと思うこの頃です。

      自分が生涯を終えるときに、安心して残していく社会をつくることが、私の願いです。

  44. 匿名 より:

    他県ですが、吐き出させてください。
    去年長男がマンションから転落して
    重度心身障害児になってしまいました。
    今では装具ありで歩行が出来るまでになりましたが
    あの時に死んでくれたらなんて思ってしまう
    自分がいます。
    元気だった時の長男の記憶が強過ぎて
    未だに今の現状を受け止めきれてません。
    どうしたらいいかわからず
    かと言ってこんなこと誰にも言えず
    ずっともやもやしてます。
    将来的にも今後どうなるかわからない
    それならもう今のうちに死んでしまえばいいかな
    と思ったりしてしまいます。
    ハッキリといえばもう育てたくないです。
    でも育てなかったら周りからどんな目で見られるか
    わからない、世間からの目が怖いから育ててる
    どれが正しくてどれが不正解なのかも
    わかりません。
    もう生きていくのも辛い。
    再婚した旦那もこれをきっかけに鬱状態になってしまった。
    毎日夜どうやって死のうか考える日々です。

  45. 匿名 より:

    もう疲れました。遺伝子変異の難病児。一生、重度知的障害を背負っていく。色々考えても、これからの未来が明るく見えない。なんのために生まれてきたのかわからない。つらい。もう育てたくないと思うが、そのたびに子供に申し訳なく思う。とにかくつらい。

    1. 匿名 より:

      わかります。つらいことしかない。社会に受け入れられなさすぎる。この社会、どうにかならないのでしょうか。

  46. 匿名 より:

    以前、付き添い登下校のことを書いた者です
    結局、息子は支援学校の中学部に入り、母である私と今までよりも早い時間に数倍の距離を送ることになりました。
    小学校時代と違い、朝の送迎は母しか無理になり、中学生なのに市立幼稚園並みの時間にお迎えの日もあり、預かりサービス日数は全く足りない。長期休みでも朝イチからの預かりは皆無です。留守番できない子の親は働きにでることも厳しい。

    1. かいづあつこ より:

      幼稚園並みのお迎え。よくわかります。
      本当に変です。

      成人になっても、障害のある人は幼稚園の登園時間並みのお迎え時間もあり違和感を感じずにいられません。理由は、障害のある人は「疲れやすい」のが一因とも聴きます。
      体力が十二分にある人は大勢います。障害の有無に関わらず、体力有無は個々に違います。障害があるというだけで一律にくくりたがる傾向が強いですね。

      一方、朝一からの預かりがないのは、「中学生になれば一人で過ごせるでしょう」と。また、障害のある子の親は、子どもを置いて働いたり、用事をするなどしない とも考えているようにも感じます。

      本当におかしな話です。
      変えていくために、動いていきましょう!!
      声をあげることで自治体の理解も広がって、いくはずです
      文京区もどんどん変わってきました。

      コメントいただきましたことを、お住いの自治体HPには、首長への意見を書く欄があるはずです。そこに是非、綴られてください。
      声を上げていくことは、現状を変える大きな一歩につながります。

      返信希望にすれば、返信も届きます。
      それを私にもシェアいただければ、改善していくお手伝いもしていきます。

      是非ぜひ、現状の大変さ、おかしさを 首長への意見でお伝えください。

  47. 匿名 より:

    す、すごい数のコメントだぁ・・・!

  48. 匿名 より:

    発達障害のやつの過剰な自信が怖い。一人で何も出来ないず、周りがずっとしてきてくれたから今があるのに…。就職して、事故して、すぐ仕事解雇されて、俺は悪くないって…

  49. 匿名 より:

    隣の区です。文京区は理解してくださる議員さんがいらっしゃるので羨ましいです。

    他県から東京に越してきてから、特別児童扶養手当手が速うちきりされました。
    うちは子供二人とも知的障害で、一人目を産んだ時に、子育というのは、こんなに親が毎日泣いてノイローゼになる程辛くて大変なんだと思っておりました。そして二人目を身ごもった時に一人目の障害がわかりました。
    そして案の定二人目も知的障害でした。
    身内に知的障害はおりませんが、なぜ。
    絶望的で毎日泣いてました、今でもですが。

    子が中学になり、普通の子との差が顕著に目立ち始めてさらに落ち込んで、私も鬱が酷くなり頻繁に通院、親をやめたい思いが日々積もっています。

    子はコロナが怖くて外出できない、デイサービスなんかいきたいきたくない、友達もいない、普通の子達と部活なんか勿論無理、毎日来る日も来る日も親子3人で家の中でひきこもり。会話もめちゃめちゃでストレスの毎日です。

    高校は職業訓練校じゃないと無理。将来中卒ですし、就職できても障害者枠の給料じゃ家賃も払えないほど少額でしょうし、手当も東京都にうちきられたから、きっと年金も無理。
    財政無駄遣いして福祉はどんどん削って障害のある家庭の未来は絶望的です。

    サービスを利用してとかよく聞きますが、利用できるサービスなんかありません。
    都内は生活保護受給者がたくさんいて、実際よくみてますが、受給者が羨ましいです。

    子供を産んだ時はこんな未来が待ってるとは思いませんでした。毎日産まなきゃよかったの繰り返しです。障害者と家庭に明るい未来はないんですね。

    1. かいづあつこ より:

      住んでいる県が違うとサービスも違ってきてしまうこと、確かにありますね。
      障害年金については、けっこう受給できる可能性は高いかとも思います。

      お子さんが中学卒業後のこと、よろしければ一緒に考えさせてください。
      いつでもご連絡をください。私だけでなく、様々な情報を持ち、子どもがその子らしく安心して過ごせる未来を共に考える仲間がいます。

      1. 匿名 より:

        こんな愚かな母親に返信くだりありがとうございます。
        しかし自閉症を伴う知的障害のこを二人をもつ身として惨めな思いは募るばかりで、考え込んでは子供に、あたってしまいます。
        私からのたくさんの暴言を浴びさせられて、そろそろ子供達も二次障害がでてくるでしょう。

        主治医や担任も中学卒業後の進路は職業訓練高しか勧めてきません、遠回しにアドバイスしてきますが。知的障害には中卒しかないのです。

        きれい事だけでは障害児の育児はやっていけません。早く医療が進み出生前診断で障害の有無がわかるようになれば、私みたいに惨めで哀れで不幸な親になるひとが少なくなると思います。

        1. かいづあつこ より:

          うちの重度の知的障害のある子どもは、
          中学卒業後に児童発達支援事業所・未来教室に学びました。
          http://miraikyoshitsu.com/info/

          あたってしまう気持ち、とてもよくわかります。
          そうした気持ちの背景には、きれいごとだけでは障害児の育児はやっていけない現状に応じた子育て支援の乏しいという大きな問題があります。
          まさに、障害のある子どもを育てることの「障害」は、そうした社会状況にあると思っています。
          少しでも改善できるように努めていきたいと日々、動いています。

          こういうのがあれば・・とか、思うことがあれば教えてください。

          1. 匿名 より:

            専門学校に通う自閉症の息子の暴力と粗暴行為に苦しめられ、警察や自治体、病院、訪問看護、保健所にも相談しましたが、結局本人が必要性を感じておらず、通院も難しくなり、どこにも助けてもらえません。家は荒れ放題、ほっといたら部屋はゴミ屋敷になるでしょう。暴力の証拠も録画に押さえてますのて、いっそ息子を殺して自首したら執行猶予がつくのではと考えます。遅くとも自分の定年退職を機に殺したいとは考えます。でなければ妻や娘を守ることができません。どこに相談すれば殺さずにすむでしょうか?

          2. 匿名 より:

            2/12の匿名さんへ
            うちと似てる状況のためコメントせずにはいられませんでした。
            息子の暴力暴言のため、夫に息子を託し娘を連れて別居せざるを得ませんでした。殺し殺される状況だったのです。
            本人が必要性を感じないためどこも支援してくれず、別居という現状逃避しかなす術がありません。生活も苦しくなり、自分達の将来の備えなどできもしません。
            どこに相談をさすればよいのか、私たちが老いたら、この粗暴な息子をどうしたらいいのか誰か教えてください。

        2. 名無し より:

          職業訓練校入れるんだったら良いのでは?
          入りたくても入れない子は沢山いる。
          普通高校入学はお母様だけの希望にしか思えません。
          本人が可哀想だよ。

  50. うさぎ より:

    自閉症スペクトラムの5歳児を育てる母です。行政も支援者も知識がなさすぎて、もはや相談の意味がわかりません。
    窓口があっても、障害の知識も親の心理も知らない、支援の方法も知らない。逆に言葉や態度で傷つけられる。保健師なんて、療育施設の名前さえも把握しきれてない。調べて尚、把握してないので危険な所だといけないから、見学の後どうだったか教えて下さいとか言われる。危ないかも知れないのに毒見させるのかよ。4年前には出来てる療育施設で、後に市からもらった冊子に載ってたけどね。よく見ろよ。てか把握しとけよ。障害福祉課の保健師なんだから。
    機能してる相談窓口なんてあるの?多分ないよ。
    幼稚園教諭も知識がなさすぎて、どう具体的に関われば良いのか分かってない。視覚支援は自立を妨げるので使いたくないと言う始末。視覚障害児に、目があるんだからメガネ無しで過ごしてねと言ってるのと同じ事。残酷な事言うよね。
    毎日、不安でたまらない娘は、ついに幼稚園行きたくないと言い出した。
    今まで、1年以上かけて面談やノートや診断書あらゆる方法で障害特性や支援の必要性を伝えてきたけど、伝わらない。
    もう疲れてきた。

    相談システム自体を見直した方が良いと思う。障害の診断が降りるまで、というか初診さえ半年以上待つのが現実なので、知識ない人が相談受けても、親のメンタルを逆に傷つける。精神疾患発病、自殺者を生み出すプロになってしまう。
    障害かも知れない、でもまだはっきりしない宙ぶらりんのまま、情報はないまま過ごす事になる。せめて診断降りた後の動きについて知りたくても、こどもの関わり方の相談をしても、まだ診断出てないから何も言えないと言われる。検索魔になって、調べたら、障害者、家族への言葉のナイフで溢れていて、刺されまくる。
    頭と心がバラバラになる様で、気力ゼロになり動けなくなる。
    診断降りるまでの期間、受給者証が発行されるまでの間、子供への関わり方を相談したり、親の気持ちに寄り添ってくれる場所がほしい。診断出る前、一箇所だけ見つけた。児童発達支援事業所だけど、うちの市ではそこしかないと思う。
    決まった時間枠内であれば、予約なしでいつ来ていつ帰ってもいいように部屋を解放している。療育スタッフが常駐し、子供をおもちゃで遊ばせている間、相談に乗ってくれる。私が行った時は、言語聴覚士が簡易的な言葉の検査をしてくれて、どう関わればよいのかアドバイスをくれた。本当に助かった。

    あと、実践的な関わり方とか支援の必要性とか対応方法をもっと勉強出来る機会を国、県、市が作らないと、保健師も相談窓口のスタッフも幼稚園教諭や学校の教師も、どこを何を勉強したら良いのか分かってないと思う。障害の名前とか、特性の上澄みだけを頭に詰め込むだけの勉強会はあるかも知れないけど。

    学校制度も見直してほしい。教育委員会に確認したが、高校には支援級が存在しない。高校に行くために、通常級に移籍できるように小学校から通常級に慣らしていき、訓練もしますと教育委員会に言われた。
    何だそれ。
    支援がないと普通級でやれないのに、慣らすって何だ?簡単に言うよな…
    慣れで過ごせるくらいなら、障害とはいわない。療育に通えば特性が良くなる的な発想やめた方がいい。
    特性は消えるものではない。うまく付き合う方法ややり過ごす方法を探る事で、本人の生きづらさや疲れやすさが少しは軽減できても、しんどい事には変わりない。
    知的障害のない子は特別支援学校には行けない現実で、中学校卒業後の進路はどうするのか?
    将来の夢を語られる度に胸が苦しくなる。「そう」と返答するのが精一杯。なれるといいねなんて簡単に言えない。
    言ってあげられない自分に嫌気がさす。
    別な教室でリモートで勉強させてもらえる高校とかないかな、、、
    本人の長所が活かせる仕事、自立できる仕事を得る機会を作れるか、自信ない。

    結局、障害者も家族も放置されて自分で何とかしてねの方針なんだろうな。
    今はまだ幼児だからいいけど、今後の事を考えたら、希望なんて見えない。見えない事分からない事だらけで、でも情報が手に入りにくい。

    毎日考えてばかりで、まともに頭休める日がほしい。マジで壊れる。てか消えたい。

    1. かいづあつこ より:

      ご指摘の通りで、行政や支援者の知識のなさが、障害のある子を育てる親を追い詰めていく元凶だと思っています。

      行政や支援者が発する言葉は、障害のある子を思っての「善意」のつもり、本人には「善意」でのことなのかもしれません。
      善意での言動は、悪意よりも、むしろ改善するの難しいのだと思っています。
      自分で言動が相手を追い詰めていたとしても、保護者が善意で伝えたことを理解できない、保護者の問題だとすり替えがちな行政や支援者がいるのも現状なのが、障害のある子を育てる日々を苦しく、追い詰めていくのだと思っています。

      消えたい気持ちも、心からわかります。
      希望が見えないことの日々、心身ともに和める時間がないことの辛さは、行政のあり方も一因であり、想像の射程距離を伸ばし広げるように議会の役割の不足でもあります。議会人の1人として申し訳ないです。

      障害のある子に関わる情報について、よろしければいつでも提供できますので、ご連絡をください。私でわからないことがあれば、調べます。

      1. うさぎ より:

        返信ありがとうございます。
        こんなコメントに真摯に向き合って下さった事、本当に感謝致します。
        支援者の善意。そうですね。親が相談しているのに、親目線ではなかなか考えられないのは何なんでしょうね。
        様々な相談先で、母親は子どもの太陽であれ、子育てが楽しめてませんよ、早く障害に気づけてよかったですね等の言葉は耳にタコができるほど言われました。
        娘に申し訳ない気持ちが消えないと言う私に、保健師には「早く対処できて良かったですよ、あなたの性格的にそう思えないのでしょうけど」と言われました。
        親がどんな思いで我が子の障害を捉えようとしているのか?受けとめようとしているのか?思いを馳せた事がないんだろうなと思いました。どんなに親のせいではないと言われても、頭で分かっていても、親の感情として申し訳ないと思う事は、自然な事の様に思います。性格的に今の状況をポジティブに捉えられないと言われたら、私はもう子育てはしてはいけない人間に思えてきて、辛かった。精神科医でも臨床心理士でもない保健師に、性格だと言い切られる事が、決めつけられた事が不愉快だった。
        この保健師の”善意”の言葉で私は何かが壊れました。これ以降、具体的な死に方を考える様になっていきました。それくらい重い言葉でした。
        この様な相談窓口で傷ついたというケースは、よく聞く話だと思います。
        知識なく、伝え方や聞くスキルを身につけてない人が対応する相談窓口が用意されて、相談者が死に追い詰められている現状を真剣に考えて欲しい。
        さらに教育者も正しい知識をもっていない。
        発達障害のある子どもが虐待を受けてしまうリスクは高 いとあらゆる調査で判明していますし、いじめ被害のリスクも高く、加害者になるリスクもあるとの研究も沢山あります。
        しかし現状は、保護者を支援する人、子供の教育機関の人が命に関わる仕事を自分はしているという自覚がないというより、目を逸らしているような気もします。
        保護者への支援が子育てにおいてどれだけ大切か、障害児への関わり方の知識と実践がどれだけ必要か、せめて支援者達にもっと危機感をもって今一度考えて欲しいです。

  51. きるしゅ より:

    小学生高学年のADHDの子を持つ母子家庭の母です。
    もう疲れました。
    病院では大したことないと言われるけど、実際は何回も同じこと注意しないといけなくてもう頭がおかしくなりそうです。
    学校の先生も理解がありません。
    「〇〇ができません」「〇を忘れてます」
    いちいち言ってきます。
    電話もかけてきます。
    仕事で出れないと言ってるのに。
    親を追い詰めるのやめてほしい。
    もうしにたい。苦しい。ストレスばっかり。
    仕事やめて子供のことに集中したい。
    フルタイム残業ありじゃないと生きていけない。
    児童扶養手当は対象外。
    この国は子供を育てにくい。
    発達障害の子なら尚更。
    もう苦しい。

    ここのコメントで同じこと思ってる仲間がいるのが分かったので、少し救われた気もするけど、やはり未来はない。

    子供のことを無視している父親も責任おってほしい。
    離婚して逃げ得な日本はおかしいと思う。

  52. ゆゆん より:

    診断まだ受けてませんが
    重度自閉症だと思われます。

    まだ小さい為ぶつぶつ独り言言っててもさほど周りには気にされていませんが今後が不安です。
    どこにいても常に独り言365日寝てる時以外話しててこっちが参りそうです。
    トイレも犬みたいに家中でしてるし犬飼ってるのかなとか思おうかなとか思うレベルです。
    おかげで家の中全体トイレ臭くて介護臭みたいな匂いがします。

    今の旦那の子ではないのですごく辛いです。
    新しい旦那の子を妊娠してますが今後が不安です。

    1. 名無しさん より:

      とあるデータによると障害児の子育てで得られる楽しさって、就学前がピークらしいですよ。笑
      それでも健常児の半分程度の割合ですが。

      いやあ、どう足掻いても障がい者って受け入れられないんでしょうね。笑

      1. かいづあつこ より:

        障害のある子どもを育てて得られる楽しさが就学前がピークだとする調査結果があるならば、その調査を教えて頂きたいと願います。

        障害のある子を育てるための子育て支援が不足していることの調査結果にもなり、
        障害のある子を育てる支援の制度を改善していくために、行政との交渉に使っていきます。

        障害のある子の親にならない。家族にならない。
        なによりも、自分が障害のある人にならない
        という保証は、どこにもありません。

        障害のある人を受け入れられないでしょう。という思いは、私自身も、まったく障害のある人を知らなかったとときには考えることがあったことなので、想像ができます。
        障害のある子の親となり、「障害「を知ることで、自分が知らないことでいかに偏見と差別に満ち溢れていた自分であったかを痛感しています。

        1. 名無しさん より:

          記事名までは忘れましたが、このブログ内の資料にありましたよ。

          文京区のデータなのでしょうか?
          子育てを楽しいと感じているか、辛いと感じているかみたいなアンケートをとられた結果みたいなやつです。

          1. かいづあつこ より:

            文京区の調査を見てくださっていたのですね。ありがとうございます。
            補足させてください。

            障害のない子どもたちの多くは、年齢を重ねていくと就学前のように親や大人が常にそばにいなくても様々な日常を広げていきます。しかし、障害のある子どもたちは、なかなかそうはいきません。
            一方、障害のある子をめぐる制度は、援助は親を前提にした制度が大方です。
            就学前までは、子どもの障害の有無に関わらず、親が子どもに多様な援助をしていきます。なので、障害のある子どもを育てる親も「就学前はそういうものだ・・・」といった思いを持つことがあります。
            でも、子どもが年齢を重ねていくと、親離れしていく子どもの姿に様々な思いを抱きます。
            親も年を重ね、子どもが小さいころよりも体力もなくなり、障害のある子どもの将来を不安を感じてくるのは当然です。
            ただ、そうした親の不安に対して行政は、ガス抜きをするように聴くことだけでなかなか制度の改善、拡充までには時間がかかっているのが現状です。
            就学後に親を前提にしない子ども本人、子育ての支援があれば、子育てへの感じ方はかなり違ってきます。
            障害は、障害のある子ども本人にあるのではなく、社会環境によって生み出されるもので、制度等が変わっていくことで
            子育ての感じ方も変わっていくことが多々あると思っています。
            なので、私は障害のある子の就学後の子育て支援を改善したいと日々、努めています。
            改善のための根拠として、調査を使っています。

  53. きえたい より:

    遺伝するんだよね?
    なんで早く言ってくれなかった?
    代々遺伝してるみたいね
    みんな空気読めないもんね
    子にそんな思いをしちゃうの申し訳ないけど
    きついしんどいくるしいしにたい
    アスペ子とアスペ+ADHD旦那
    もう一人もグレーっぽい
    旦那非協力的(多分アスペだから協力の仕方がわからんのだろう)仕事できないから安月給常に貧乏のくせに新しいもの買いたがる
    物は捨てられないゴミが増える
    なんで子を望んだの?
    自分いらないっていいつづけたのにね
    きえたいしにたい
    何もかもいや
    なんでなにもかも私がフォローしなきゃなんないんだよもうやだよ

    1. 名無しさん より:

      旦那さん選んだのは自分でしょ?

      1. ただの通りすがり より:

        >名無しさん あんたマウントとりだいだけだろ。ご自分は超絶完璧、お幸せでよかったね。きえたいさんがアカの他人にそこまで言われる筋合いないわ。HNみただけでもしんどさがわからないか?辛いんだよ。 
        他スレでも笑、とか人の神経逆撫でして楽しんでいるとか最低だな。

        管理人(議員)さんもこういう攻撃的なコメント放置するべきじゃないと思いますよ。即刻削除が一番だと思います。スルーできずに深く傷つく人だっていますから。 

        こういう荒らしはスルーが一番だけど、あまりに酷いから一言書き込みました。失礼します。

        1. 名無しさん より:

          マウントがどうとかは考えたこともないのでよくわかりませんが、私自身身内に重度知的障がい者がいる現状もあり、障がい者を取り巻く理不尽さを常々実感しておりますので、すこしひねくれたような表現になってしまったかもしれませんね。

          とはいえ、きえたいさんへのコメントに関しては言葉の通りかと思いますが。

          1. 匿名 より:

            マウント太郎きもちわるいわぁ

      2. かいづあつこ より:

        選んだからこそ、わかることがあります。
        それはけして悪いことではないし、弱音や迷い、怒りを吐き出すことはとても大切なことだと思います。

  54. かいづあつこ より:

    読んでいただき、また、コメントも書いていただき ありがとうございます。
    書いていただけたことで、傷つけることを目的に書くような人ばかりではないことに、救われる思いの方もいらっしゃると思います。
    私自身、どうするか迷っている中、とても救われました。
    重ねて、ありがとうございます。

    攻撃的なコメントの削除について、考えてまいります。

  55. 匿名 より:

    児童施設の元職員です。
    「こどもと一緒に死ぬ」というワードがたくさん出ていましたが、そんな状態になるまで頑張ってきたのでしょう。そこまで頑張ってきたお母さん方本当にすごいです。
    育てられないから、子どもを施設に預けて、親は遊びほうけるケースが児童施設に子ども預ける親では多いです。知的障がいの子どもを中学1年生から担当し昨年就職させました。周りへの感謝が出来ない、出来たことは全て自分の努力、失敗したのは周りが悪い、困った時だけ猫なで声で寄ってくる、暴力、暴言、女性蔑視とあげればきりがないです。。そいつの顔みるだけ腹がたち、卒園後のアフターケアの多さで仕事を辞めました。お母さん方は僕のようにやめることが出来ない。そんな中で頑張って本当に頭が上がらないです。頑張れるお母さん方が絶対死んだらダメです。育てるのがしんどいなら施設に預けたらいいじゃないですか。言ってはいけないのでしょうが、知的障がいの子どもの安楽死は本当にだめなんでしょうか。

  56. 匿名 より:

    二学期がもうすぐ始まる。
    学校一度でよいから1人で行って帰ってきて欲しい。ディサービスもお迎え行かねばならない頑張ってねお母さんって言葉大っ嫌いです。
    同じ親でも父親には言わない言葉ですよね。
    10年以上頑張って何ひとつ支援制度が増えないなら、もう頑張れない。
    そんだけ頑張って学校行かせても子供自身の成長もなかなか見えず。 
    障害児母は自分の人生犠牲にして当然ですか?
    仕事だって時短の上にさらなる時短おかしくないですか?
    障害児の場合、将来的に自分たちで生活できるお金を稼ぐどころか、障害年金で足りないぶんは親が貯めていた分からの生活になる。
    現状、フルタイムで働くなって言われてるような状況で、子供の将来資金、自分たちの老後資金どうすれば…です。
    障害児母親は全て犠牲にして当然ですか?

    1. 匿名 より:

      そんなに頑張れるあなたが本当にすごいし、尊敬します。児童施設に預けて、自分の人生を楽しみましょうよ。

  57. 匿名 より:

    二学期が始まった日、子供を送迎中に交通事故起こしました。
    夏休みがあけてまた、子供送迎開始のストレスからでした。母親なら送迎当然ですか?
    いつまで送迎ですか?
    事故後、学校側から連絡がありましたが、自立登校のためのバス停まで付き添い練習し、その後、スクールバスではなく親が学校まで送ってきてくださいと。そんな練習10年近くしてます。
    もうこんな生活できない。
    自力通学のために貴重な平日休にまさか普段の出勤日より親なら早く家を出ろと言わないよな。
    通学支援制度もないのに。

  58. 匿名 より:

    都外です。
    住んでいる市の支援課の保健師は障害を知ったかぶりで対応。すぐに問題はすり替えて、仕事やってる感出してるのみ。長年こんなに異動がないのも謎。
    町内の市議会議員さんにも相談したが「丁寧に謝罪させます。」それから連絡不通。
    先が見えない。

  59. こんな事で疲れたと言ってスミマセン より:

    私は父親ですが、多動性があり、約束を守れない息子を叱ったとき叩いて鼻血が出たので、そのまま児童虐待で犯罪者になったクズです。
    人としてやっては行けない事でしたが、このままではいけないと思い、最後の望みとしてすがる思いでやりました。
    スクールカウンセラーからはギリギリ障害にならないグレーゾーンと言われており、
    事件後の児相、警察の対応は子供に悩む親を気遣ったものではなく、ただお前が悪い。サポート?使うかは自由だよ?場所?自分で調べな?言ってこないなら知らねーけどな?見たいな感じの対応。
    そんな事よりお前またやるだろ?やらない?ほんと?嘘だろ?
    …最後の賭けだから、やるくらいなら自分が死ぬわ!
    小学3年でやっと人が読める文字が書けるようになるくらいの子でした。学校の宿題もやらず、先生からは1ヶ月分の宿題週末2日で全部やるように言われ、授業中もカチャカチャうるさいですと言われ、その他もろもろ…。
    皆さんに比べて大した事無い子ですが、手を出さずにいられる皆さんは偉いと思います。
    やはり、暴力はいけません。手を出したら最後、親も子もまっとうに生きていけません。しかしながら、普通になれる子供が生まれるかは運次第。サポートも自分で探さないといけないこの国では、これからの若者にこの国では子供を産まないよう声をかけてあげないと、子供に親が殺される世の中になっていくと思います。
    自分はこの世の中で生きていくのに疲れたので、折を見てお先に失礼します。
    無責任な親ですみません。

    1. 匿名 より:

      暴力はいけないけど、殴りたい気持ちも殺したい気持ち起きて当然だと思う。
      知的障害の子どもは何も生まない。無理せず行政に相談し、施設入所も考えてください。
      お父さんの方が大切です。

    2. 匿名 より:

      お父さま、本当によくがんばられました。素晴らしい、本当に素晴らしい、素晴らしい。
      息子さん施設にいれましょう。社会に預けましょう。お父さま、必ず生きてください

  60. 匿名 より:

    知的障がいは安楽死させる権利があってもいいと思う。
    お母さん方が死にたいと思うほど子育て頑張っているのに不公平すぎる。
    児童施設職員でしたが、暴言、暴力に耐える日々でした。
    知的障がいがあれば、手帳がもらえ、健常者が努力してもなかなか入れない企業に、障がいの枠で就職できてしまう。優遇されていて、生産性も低い、周りhrの暴力、暴言、自分はなんでもできると思っている。こいつらがいなければ、幸せに生きれる人がたくさんいる。島流しにしたい。

  61. 人生やり直したい より:

    ニュースで『誰でもよかった、人を殺せば死刑になれると思った』というような動機の無差別殺傷事件の報道をみると、『win-win!うちの子を!』と思ってしまう。
    夫とも先に死ぬ方がその時は道ずれに息子を、と話している。
    不完全に医療に命を救われてもその子の長い一生をたくさんのことを犠牲にして面倒見ていかなければならない。
    もう人生に自由はない。

  62. 匿名 より:

    死にたい。
    もう20年以上死ぬ事ばかり考えている。
    何もかもなかったことにしたい。

    1. 匿名 より:

      わかります、わたしもいつもいつも頭が重く心が苦しく人と比べて死にたくなります。神田さやかさんのニュースみて余計に辛くなりました

  63. 匿名 より:

    私もです。人に迷惑しか掛けない発達障害の成人息子。これまでかけてきた時間、お金、労力
    全て無駄。極度のストレスで精神科にずっとお世話になってます。
    自立出来ない息子の面倒で一生終わるくらいなら消えてしまいたい。
    子供なんて産んだために文字通り人生が終了しました。産まなきゃ良かった。
    隕石飛んできて瞬時に地球が滅亡すればいいのに。

  64. よしこ より:

    私も同じです。
    自分が生まれたことも、相手をよく知らずに結婚したことも、子供を産んだことも、すべて闇に葬り去りたい。結婚も出産も取り返しがつかない失敗だった。永遠に分かり合えない子供たちを支えて生きてきた。見返りなんて期待してない。白髪頭になってもまだ末の子がいる。自分に価値が見いだせない。何もかも終わりにしたい。生きてきた軌跡をすべて消し去りたい。でももし希望があるなら解決があるなら・・・ホントは生きていたい。命の理由を知りたい。

    1. アリス より:

      ご兄弟のお子様は見えないですか?生きがいになる子供いませんか?

    2. ゆうすけ より:

      自分も発達障害です。
      生きていくのは本当つらい
      お願いだから安楽死認めてほしい。
      そうしたら鉄道会社 大家さん困らないでしょ。
      生きていても意味がない。

  65. 匿名 より:

    発達障害当事者です。存在が望まれていないことは分かっていました。

    健常者、優秀な人間のための社会。劣等種が生きていられないのも当然。もう生きていたくはありません。

    自分だけでなく他人すらも不幸にする。耐えられるはずがありません。

  66. 匿名 より:

    発達障害児の育児をやめたくて検索してたら着きました。
    みんな一緒なんですね。
    専門病院行ったって療育やったってペアトレやったって専門書読み漁ったって支援学級入れたって、何やったって治るわけじゃない。
    お母さんのせいじゃないと言われても「育て方が悪い」「過保護な親」と思わない人がこの世に何人いる?
    私も人生終わった気分です。失敗に終わった。もういい。本当に終わりにしたい。

  67. さちこ より:

    朝四時から鼓膜破れそうなくらいのギャー声を出す8歳オムツ男子。頓用リスパダールつっこんでも治まらない

    この部屋住めなくなったらどうするの…

    ひとり親で放課後デイは保育園みたいに長く預かってくれないからこの先ずっと正社員にはなれない

    絶望しかない

    自己実現のために正社員なりたいんじゃない、上の子とこの障がいの子と普通の生活送りたいだけ

    過労死&ストレス死するわ

    障害児うんだら人生おわった、その通り。

    ↑隕石落ちたらいいのに、の記事に吹き出して笑えて、ちょっと笑顔になれました

    ほんまに一緒に死にたいわー

  68. 匿名 より:

    障害持った子供です。
    自分は、言わば軽度な自閉症です。
    自分の親以外の方々は、そのようなお考えしていることを初めて知りました。
    生まれてきて障害者だったから…なんて  ストレスも溜るんですね。
    障害者に生まれてすみませんでした

    1. 謝らないでね より:

      障害のある子を育てている母です。
      親以外であっても、あなたを大切に思ってくれている人は沢山おられますよ。
      もちろん、残念ながら悪意を持たれる人もいる。
      でも、それは障害の有無に限らずです。
      ただ、その比率が少し違うだけ。
      どちらの場合まで無関心の方が大半です。
      だから、悪意の方は気にしないで距離を置けば良いだけです。
      貴方を大切にしてくれる人を大切にしてくたさい。
      それで、貴方もあなたの周囲の方達も十分幸せに暮らしていけますよ。

  69. 院生A より:

    アスペルガーとADHDのグレーゾーン当事者です(丸暗記ができないLDもあるかもしれない)。現在大学院生です。就職活動ができず、成績だけはよかったので進学しました。
    まずここのみなさま、生きていてごめんなさい。大学を卒業したら死のうと思っていましたが、生き延びてしまいました。
    「なんで普通になれないの!」「なんでそんな難しいことはわかるのに、こんな簡単なことができないの!」と親には罵られ、同級生には馬鹿にされいじめられてきました。思春期に入ると鬱、希死念慮と謎の体調不良に常に襲われ続けるようになりました。それでも「みんなそう」「すぐ具合悪いっていう」と病院にいくどころか、部活を休んで寝込むだけでも怒られました。今でも予定管理ができずアルバイトのシフトを忘れたり、提出物をなくしたり周りに迷惑をたくさんかけています。「気にしすぎ」という人もいますが
    ありとあらゆる方策を使って気を張って、それでふつうの人の「何もしていない」状態と同じくらいなのです。どんなに親切な人でも実情を知ると、「ふざけているのか」「こんなだと思わなかった」と手の平を返されるのが目に見えているので、「気にしすぎ」「支えるよ」の言葉は一切信じなくなりました。ただ微笑んで「ありがとねぇ、困ったときは頼らせてもらうよ」と言うだけです。
     特性上できないことを支えるどころか罵倒ばかりだった親へは、いまでも「どうして何もしてくれなかった」と言いたくなりますが・・・。自分のやり方に固執し、「ダメだダメだダメだこうするのが普通だ!」と3時間ほど怒鳴り続けても何も理解しない娘にはそりゃあうんざりしますよね。高校に入って、私から自分は耳からの長い話が覚えられないこと、特に怒鳴られるともっと無理なこと、「なぜだめか」を論理的に伝えてほしいと根気強く伝えたことで、少しは改善しました(というか礼儀作法や言葉遣いは勝手に独学したため叱られる要素が減ったというのもありますが)。今でもADHDの特性上できないことを「情けない」「躾がなっていない」と言われ続けています。
    これが発達障害グレーゾーン、二次障害にうつ病になった成人当事者の実情です。どうか、私と同じ十字架を背負った子どもが少しでも幸福になれる世の中になりますように。

    1. より:

      私もADHD +トゥレット症候群です。痛いほど共感できます。私も地頭はいいんです。故に辛い。ふとした時に、「障がいさえなければもっとすごい子になれたのに。」と思ってしまいます。思春期の鬱、謎の体調不良、親からの罵倒全部全部わかります。「ADHDで物事が覚えられないんだったらメモをとればいいじゃないか。」嫌だ嫌だ悔しいんだよ。障害児になんてなりたくなかったのになんでその上普通はやらなくていいことをしなくちゃいけないの?健常者をずるいと思ってしまう。ここにくるまではちゃんと産めなかった親が全て悪いと思っていました。そう思うことで逃げていました。「私は悪くないのだから」と。でも今日親もとても辛いとういことを知りました。子供は「健常児に産んで欲しかった」親は「健常児を産みたかった」こんなの誰得なんですか?私に生きる価値はあるんですか?
      普通になりたい。それ以外は何もいらないから。
      長文失礼しました。

  70. 2年前は闇でした より:

    1歳で知的障害を診断された息子を育てている母です。
    息子に障害があるって認めるのも大変だったけど、出来ることをやろうと思って療育に通いました。
    気持ちも少し落ち着き、就園活動した時が一番辛かったです。
    療育では、療育園では身体不自由児が多いので動ける息子にはもったいないと言われました。保育所では多数が受け入れ拒否、受け入れ可能な公立でさえも新年度しか補助をつけられないので両親フルタイムしか無理だと断られました。
    障害があり親同伴の療育ではフルタイムは現実的に無理です。
    園側にも事情があるから断ることが悪だとは必ずしも思いません。
    でも、見学さえさせてもらえないし、あまりにも断られる言葉も酷かった。。。行政に相談しても『断られても食い下がってください』と言われるだけ。そして、言うとおりにしたら更に酷いことを言われただけでした。誰も助けてくれなかった。。。
    ダメ元で行った遠方の園が受け入れてくださって、今は楽しく通っています。
    私は障害があっても、出来ないことが多くても、将来的に納税する可能性が低くても、息子が大切で可愛いんです。でも、親子の居場所が社会にないって、本当に絶望し、息子に申し訳ないし死んでしまいたいと考えたこともありました。受け入れてくださる園に出会えて、息子に愛を持って接してくださる先生方に出会えて、今は子供が生まれてから1番幸せな時間を過ごさせてもらっています。

    障害のある子を育てるって、精神的にも身体的にも金銭的にも厳しいです。
    追い詰められる前にレスパイトできれば、精神的にも身体的にも助かりますが、そんな施設はほとんどありません。親が子供について安全等を確保するしかないのに、働ける時間なんてないのに、特別児童扶養手当の所得制限はとても厳しいです。児童発達支援施設やデイサービスはピンキリで、不適切な接し方はよくあること、虐待も決して珍しい話ではありません。
    受け入れ拒否など差別面は今すぐ解決はできないと思います。でも、せめて所得控除や手当の所得制限撤廃など、行政として動いてほしいです。
    また、可能なら保育所や幼稚園の先生の配置人数を増やして欲しいです。疲弊や許容量の問題で受け入れできないと言われた園もありましたし、親として健常児であっても今の配置人数では安全性の確保さえ難しいと思います。

    いろんな思いが溢れ、とてもまとまりない文章で申し訳ありませんでした。
    私の文章で気を悪くされた方がおられたら、すみません。障害のある子の親になって感じた私の意見で、他の方は違うかもしれません。なので、『これだから障害者の親は・・・』と思うのだけは避けてくださると嬉しいです。

    最後に、この様に書き込める場所を作ってくださって、ありがとうございました。
    障害のある親子に寄り添おうと思ってくださって、ありがたく思います。
    どうか、障害のある子が後ろめたさを持たずに、人生を謳歌できる世の中になっていきますように。
    明日から、また頑張ります!!

  71. 狂い火 より:

    これからはみんな子供を生まなければいいのに。そうすれば誰も不幸にならないのに。なんで生んでしまうだろう。

  72. しんどいパパ より:

    吐き出したいので書きます
    子供は4歳の中程度の知的と自閉症の診断です
    幸い今のところ精神的に安定してる子のようで楽しそうに遊んでます(やりたいこと止めるとギャーギャー言いますし、不安定な時もそれなりにあります
    発語はあり、食べたい物ややりたいことの単語は言え、指示もある程度はきけますが会話や抽象的なことは理解できません。最近の成長を見ると多分これ以上大きくはかわらないでしょう。

    だいぶマイルドな表現になりましたがこの先不安でしょうがないです。普通の子を見ると胸が締め付けられるようになりますし、近所の人の目も気にしながらひっそりと暮らし、ただ働き飯を食わせ見返りのない子育てをする毎日。何を幸せに感じればいいのか、もうわかりません。見返りがないのが辛いのかな。子育てに見返りを求めるもんじゃないけど、これはあまりにも辛い。幸いお金の問題や受け入れ先の問題はないけど、やはり障害のある子を抱えること自体が生き地獄のように辛い。障害を受け入れられてないのかな。とにかく生きる理由や意味を見失ってしまってます。
    つらつらと書き殴ってすみません。精進します。

  73. より:

    次男が自閉症だった。死にたい。毎日疲れてる。園に迎えにいきたくない。そう思う自分も嫌。こんな母親いなくなればいいよね。毎日死にたいと思う。子供がかわいそう。

  74. 匿名 より:

    ここに書きこんでいるお母さんやご家族の方は
    きっと計り知れないほどの苦労があるわけで
    3歳をすぎて発覚したり大人になって発覚したり…
    事故などで障害を持ったりすることもある
    どうしようもない、誰もわからない。
    だから死にたいと思う。
    誰も悪くないから、ただつらくて逃げたいんです。
    誰も悪くないから、安楽死で死なせて欲しい。

    今一度皆さん考えてください。
    重度障害者の夫婦が子供を産み、その後の話が
    YouTubeに「ふつうのままで」というタイトルで
    動画として上がっています。
    ご存じですか?ぜひ今一度考えていただきたいのです。
    差別はなんなのか、区別はなんなのか。

    障害者同士のセックス、出産、子育ては確かに自由です
    愛を知るというのは素敵なことだと思います。
    ただ親や親戚、周りの人には結婚さえも
    猛反対されたようです。
    反対するのには必ず理由があります。
    私もこの夫婦のケースなら反対の一人です。
    でもそれは差別ではない。
    障害がない親が反対するのと同じ理由です。
    でもそれを差別だという方はかなり多いのです…
    障害があるから物をもうしてはいけないみたいな
    障害がある人に言うのはタブーとなっている世の中です

    未成年の出産や子育て、未成年でなくても
    互いに無職で経済的にも困難な場合の子育て
    親や誰かに負担をかけてしまうことになる場合
    誰かの支援を受けるにしてもそれが難しい場合など
    肯定な意見もあれば反対意見はあるはずですから。

    どうか障害者の方、
    また障害のあるお子さんをお持ちのご家族の皆様も含め今一度、性教育をすることの大切さ
    子育ての大変さ、生きることにお金がいること
    そして人が助けてくれて当たり前ではないことを
    伝えていただきたいです。

    なぜなら動画を見ていただけばわかるとおもいますが
    当たり前なことはこの世の中にひとつもないのに
    手助けを求めることしかできない夫婦
    それを当たり前だと思っているようにも捉えられ
    この夫婦には批判的な意見の方が多いからです。
    それは差別的な発言ではありません。
    普通の夫婦でもきっと批判されていたでしょう。

    加えてセックスや子育ての知識がなかったが
    障害者の方同士の場合は特に
    気持ちいいということは本能的に知ることはあっても
    その後のリスクや可能性があることを知らずに
    結果妊娠につながったというケースも多いのです。
    障害者の方だけではなく海外でも
    義務教育を受けるような年齢の子供たち同士が
    性知識がないまま、でも本能的な快楽から妊娠した
    ケースも多いので、しっかり私たちは
    伝えて行く必要があると思います。

    障害をお持ちのご家族やご本人様へ
    実はこの動画の男の子は、今は大人になり結婚して
    お子さんもいて、楽しく暮らしているようです。
    幸せだと思うのか不幸だと思うのか
    人それぞれかもしれませんが
    あなたの辛いことが未来の幸せに
    つながっている可能性もあります。

    私は自殺は悪いことだと思いません。
    辛い時は逃げ出したくなり逃げ出せないから死にたい
    人に頼ってみても無理だったらもっと絶望的で
    さらに死にたくなるかもしれない
    でもその将来本当に不幸と言い切れるのか
    今一度考えてみてください
    もし自殺が失敗したら?
    また違う障害が残る場合もあります
    一度自殺相談センターに電話して掛けてみることを
    そして、障害を持って幸せという子供や親のブログを
    一度読んでみてください
    本当に不幸せなのか、もし幸せになれる方法が
    そこに隠されてるとしたら…一度検索をお勧めします。

  75. 匿名 より:

    自分は障害者だが親を恨んでる。

    1. 匿名 より:

      障害児を持つ親です。なぜ恨んでいるんですか?

    2. 匿名 より:

      すごく、すごくすごくわかりますその気持ち。
      私を障害児に産んだのは親だ。親のせいだ。親が生まれてこなければ私も生まれなかった。私は悪くない。そのくせ「こんな子供がいるせいで辛い。」ふざけるな。憎い。

  76. 匿名 より:

    うちの娘は野良犬です。
    家じゅうを漁り気に入った物を自分のテリトリーに取り込みます。自室のベッドには、風呂後の濡れたバスタオルやティッシュ、メジャー、綿棒、鉛筆、充電コード、ブラシ、食べた後のヨーグルトのカップ、お菓子の袋、カビの生えたパン……冷やし中華のトッピングのきゅうりがあった事もありました。
    学習障害と感覚過敏がある上最近は反抗期も相まり、何年言っても盗み食いと食べ散らかしも治らないためすでに諦めました。野良犬でも数回教えれば覚えるし育ててくれた恩を感じますが、娘は違います。
    誰にも言えませんが、死ねばいいのにといつも思っています。
    愛情も湧かないのに義務感で育てるのにも限界があります。私はそろそろ無理だなと感じて児相に自ら相談していますが、緊急性がないため後回しにされています。私が娘を手にかけるのが先か、我慢して私の精神が崩壊するのが先か。

  77. とくめい より:

    老人介護最中ですが辛い言えません。
    我が家には特別支援学校児すでに学校8年送迎してます。
    他の家族が緊急状態でもその子を第一に考え、自分と他の家族、支援学校児が全く違う場所にいても緊急でない支援学校児を迎えに行ってから緊急の家族の場所に連れていかないといけない制度の現状。
    こんな状況でも私が働けているのはオール夜勤してくれている同居家族がいてるから。
    支援学校の親も子供が大きくなるにつれてお金かかるのですが理不尽。老人介護より先見えないし

  78. 匿名 より:

    2歳の身体障害、発達障害を持つ息子がいます。体だけ2歳ですが、寝返りもお座りも出来ず、コミュニケーションも取れません。毎日が辛すぎて辛すぎて、子供が死ぬことばかり考えています。1歳の時はまだ発達が遅いだけかもしれないと希望を持っていたこともあり、可愛い気持ちもありましたが、一年経過した今でも体が大きくなるだけで身体知能の発達は何も進んでおらず全く可愛いという感情が持てません。周りは健常児ばかりで普通に働いて、子供を預けて、家を建てて、好きな時間に外に自由に出かけてられてることが死ぬほど羨ましいし、妬ましいです。健常児を見ると心が苦しい。家で24時間365日障害児と一緒。気が狂いそうです。普通の生活がしたい、この子さえいなければと毎日毎日思ってます。あと10年こんな気持ちで過ごせば良いのでしょう。そしてなんで日本には安楽死がないんだろうか。法律を決めている人はきっと健常児しか育ててないのですね。とにかくこの子から解放されたい。捨てたいです。自分の人生ってなんなんだろ。普通の人とは別の次元にいる感覚になります。あまりの辛さから殺してしまいそうになるので、別の病で早く死ねますように。こんな親に育てられる人生より早く死んで来世で優しい親元に産まれた方がいいよ。時間が戻せるなら子供なんて死んでも望みません。世の中みんな障害児だったらいいのにね。

    1. 匿名 より:

      障害を持つ子供が亡くなった方が羨ましいです、解放されるんですもんね。悲しみからはいずれ立ち直れます、でも育児、介護は一生終わりません。

    2. 新宿区民 より:

      ダウン症が生まれて受け入れられず施設に引き取ってもらってる人もいるので、育てるのが嫌なら施設に入れる方法を探してみたらいかがでしょうか。

      1. 匿名 より:

        施設なんて誰でもすぐ考えつくこと検討してないと思いました?真っ先に考えた上でどうしようもなく書き込んでます。発達障害、知的障害だけなら預かるところもあると思いますが、医療ケアのある幼児を預かる施設がどのくらい無いか知ってます??簡単にもの言わないでもらいたいです。

  79. 匿名 より:

    匿名2歳児お持ちの方へ。
    我が子の2歳の頃を思い出しました
    保育園へ通っていてなぜウチの子だけって保育士さん相手に、毎日涙してました。
    2歳は周りの発達も凄いころで、みるみる差がつく頃。
    正直、私はその頃をどうやって乗り越えたかは覚えていません。
    今は支援学校の中2の親です。
    ただ、あの頃の辛さを身をもって経験しているからめっちゃ気持ちわかります。

    1. 325 より:

      お返事ありがとうございます。匿名2歳児の母です。辛さのあまりこういったサイトばかり探しては自分はまだマシなのかもしれないと子供への殺意を思いとどめています。共感していただき嬉しいです、保育園に預けて離れる時間が一分でもあるだけ羨ましいと思ってしまいましたが、保育園は多くの健常児を目の当たりにせねばならず辛かったですよね、スーパーや公園、テレビで見かける健常児すら見かけるのが辛いのに想像したら心が擦り切れそうでした。

  80. 匿名 より:

    人生色々ありますよね。
    自閉症障害児を育てて23年の母親です。
    療育手帳はA2です。
    23歳の息子は今は事業所に通所しています。

    障害は軽度でも重度でもそれぞれの問題、課題があり大変ですよね。
    ただ言えるのが、どんな人生もイージーモードではないって事です。
    障害児が産まれるのは、運が悪かっただけ、
    と書いてらっしゃった方も、人生でこれから何があるか分からないんです。

    健常の子育ても大変ですよ。
    受験の失敗から鬱や引きこもりになったり、
    子育てが順調でも介護の問題を抱えてたり、
    子供が優秀な子でも母親本人が癌になって亡くなったお母様もいます。闘病してる方もいます。
    全てが順調にいく人生なんてないです。

    そして、どんな子供でも自分が死ぬまで心配なんですよ。
    何が起こるか分からないですからね。

    人生終わってみないと分からないです。
    いい事も悪い事も長くは続かないといいますよね。私の人生これで良かったんだなーと思える時が来るかもしれません。

    楽しい思い出、経験を沢山重ねられますように!

  81. 在宅介護ママ より:

    我が娘は今年30歳を迎える最重度自閉症精神発達遅滞です。1歳8ヶ月まで順調に発育し、突然言葉が消え長い長いトンネルに入りました。養護学校(現特別支援学校)小学部に入学するまで保育園、地域療育センター、自閉症プログラムのある私立有名幼稚園などありとあらゆる療育をしました。結局言葉が獲得出来ず、養護学校に進学。小学部卒業までは楽しくいい子で通学出来ました。問題は中学部進学から。13歳で初潮を迎えた時から思春期が始まり、問題行動のオンパレード!精神的にも肉体的にも荒れ狂い、向精神薬漬け。投薬の副作用から起立性調節障害になり歩行にも支障が出て車椅子生活になりました。18歳の判定で知的障害1度。ガイヘルから行動援護。支援区分判定6。中学卒業後進学せず、生活介護の日中活動の受け入れ先もありません。理由は介助スタッフの不足で個別対応が出来ないため。地域支援の日中一時支援で週1~2回預ける機会があり、
    ガイヘルや短期入所も同じ所でお願い出来たのですが、今春事業所が突然事業廃止になり、16年利用してきた行き場を全て失いました。コロナ禍もあり、面談まで漕ぎ着けた事業所はホンの少し。万が一受け入れ不可となる事もと記載されてた事業所も最終面接で受け入れ不可の通知。
    数ヶ月間電話とメールで受け入れ先を探し続けもうだめかと諦めかけた頃、42km自宅から離れた事業所が短期入所の契約をしてくださいました。親の緊急事態で保護短期入所してくださる場所は地域にありますが、スタッフ体制など鑑みると劣悪な環境で緊急事態以外のレスパイト利用には使いたくないのが現状です。以前小学生の頃日帰りでお願いしたら、当時多動なのでスタッフさんに嫌味を言われてしまった事がありました。年齢を重ねるほど預け先が無くなり、特に女性重度知的障害者は厳しいです。女性スタッフで夜勤している方も少なくトイレ介助が必要だと特に厳しい現状です。24時間介護しています。ほぼワンオペ状態。娘を連れていけない場所(自分の通院など)があるので、公的福祉は使えないので自費の介護サービスに1時間数千円をお支払いして使いたい時にスポットでお願いし、何とか日々乗り越えてます。生きる事を考える暇もありません。日々精一杯。小さいお子さんのいらっしゃる方々、確かにその時その時で大変なのですが、卒後の在宅支援体制はいい環境ではありません。特に作業レベルに行けない最重度知的障害者の受け入れ体制はほとんどありません。それが日本の現状です。学校に行ってるうちが花ですよ。いろいろ怒りもありましたが、自身の製造責任の覚悟と悟りの心で平常心でおります。

    1. 在宅介護ママ より:

      頼みの綱最後の砦だった遠方の短期入所施設。お試し一泊で受け入れ不可でした。
      本当に行き場無しです。

  82. マロ より:

    自分は性分化疾患を持って生まれたので地獄の人生を送って来ました。
    高校生の時には奇形なので風呂屋から出入り禁止となり、高校の修学旅行では校長から参加しないように言われた。
    男女の双方の特徴を持つので、恋愛も結婚も出来ない事は小学生の頃から理解していた。
    母親からは死にたくなったら死んでも良いと言われて生きた。
    僕の夢は就寝中に心臓発作であの世に行くことである。
    これだけが僕のたった一つの願いである。

  83. 匿名 より:

    苦しいです死にたいです
    できれば両親に殺してほしいと常々思ってます
    こんな自分を産み落とした責任は取ってほしいです
    ほんと何一つ上手くいったことのないクソみたいな人生
    惨めな思いを抱えながら生きるのはもう嫌です
    面と向かって言えないんでここで吐き出させて下さい
    お母さんお父さんお願いだから早く私を殺して下さい
    生きる価値もなく自殺もできないクズ子供の最後のわがままです
    もう迷惑かけたくないです
    お願いします

  84. 匿名 より:

    障害ある子を産み育てる課程で誰かを助けたいと介護福祉士になり、働いてる立場の者です。
    その子+身内にも老人介護が必要な者数名で全ての立場上全ての介護でキーパーソンにならざる得ずの立場ですが、老人介護辛い⁉️
    私の立場からすれば許せないです。
    老人介護はまだ、制度が良い方やし自分より先が長い介護ではありません。
    そして親がお金を貯めていればそのお金で何とかなる可能性もあります。
    子供の介護は制度がなく、私は働けてるだけよいようで周りには専業主婦も多い。
    健常児の親は障害児につく手当良いなぁって言う人もいますが、それがめっちゃ腹立つ障害児の親やってみろと言いたい

  85. アナベベ より:

    子供二人(4歳児の長男、2歳児の長女)の父親です。
    長男が自閉症、知的障害と診断されました。
    4歳でオムツは取れず、服や靴も履けず、指にご飯粒が付いただけでも、その他些細なことでパニックになり物を投げたり、暴れたり叫んだりします。
    睡眠障害もあり、夜も0時過ぎまで起きてます。
    障害の子を持って、分かった事は社会の理解や仕組みが親を孤独にさせます。
    また、行政からも大した支援も受けられず、この国は障害者に厳しいと愕然としました。
    我が家は共働きだったのですが、療育の為、妻は仕事を辞めました。
    経済的にも精神的にも苦しくなりました。

    障害がある子を育てている親御さんの中にはシングルの方もいらっしゃると思います。
    そういう方たちの絶望感は私の比じゃ無いと思います。

    でも、諦めないで下さい。
    ご自身の人生もお子さんの人生も。
    障害者に厳しい社会なら社会を変えましょう!
    社会を変えるなら政治です。
    政治の力が働けば今よりも障害者にとってより良い社会に変える事も可能だと考えてます。
    まず、町や市の議会で陳情をして下さい。
    障害を子に持つ親の生の声を町議会や市議会に訴えて下さい!
    具体的に何困っているのか、どうして欲しいのか、
    働けず経済的に困ってるなら経済的支援を訴えて下さい。
    私は9月の町議会で陳情する予定です。
    ほとんどの自治体で議会に陳情するには地方議員の推薦状が必要です。
    ハッキリ言って自民党は駄目です。相手にしてくれません。そもそもこんな社会を作ったのが自民党です。
    共産党、公明党、幸福実現党あたりの議員は協力してくれます。
    特に共産党は弱者救済を軸としてるので絶対に推薦状を書いてくれます。

    この日本の子供達、障害児も含め、相互理解のあるより良い社会になるよう願ってます。

  86. 火車 より:

    出来ることはない、万策尽きた。
    今年で20歳になる。
    なぜまだ生きているのか不思議でしょうがない。
    だがもう終わりにしよう。
    最後はご馳走食べて飼い猫を沢山愛でて上等なスーツを着て幕を閉じよう。
    最後の私の晴れ舞台。確実に決めようと思います。
    ここまで育ててくれた父、母。
    大変感謝しています。同時に大変憎く思います。
    あなた方が未来描いた人間に育たなくてごめんなさい。
    屑でごめんなさい。
    どうか二度と会うことのないよう願います。
    さようなら

    1. 匿名 より:

      これだけしっかりとした文章が
      打てるならやれることはたくさんありますよ。

      思い描いた未来なんて私も無理でした。
      私の子供は重度重複障害児です。

      上を見ればきりがないけど
      下にもたくさんの人がいます。

  87. 匿名 より:

    産んでしまった罪 産まれた罪
    障害児を産んだけど幸せですなんて綺麗事あるわけないんだよ
    もっとこの真実をみんなが知ることが出来ればいいのに
    出産がこの世からなくなりますように

  88. 匿名 より:

    寺で座禅。預ける。1週間後、変わった。思い切り。

    にちじょうの刺激を無くす。まずは食べ物から。わがままに応じてポテトチキンラーメンスナック菓子甘い清涼飲料水などを与えるのをまずやめる。次にまず親が
    インスタントメシ、ケチャップソース、からしだわさびだ唐辛子だ、激辛だ脂っこいものだといった食で刺激を求めるのをやめる。

    素材の味の良さを知らせる。1日2食。食いすぎでした。
    過剰に太っているのがデフォだと思っていました。
    食べ盛り、うんぬんと 貧困と子供特集に出ていますでしょ。大抵がブクブク肥え太っていますよね。アレでした。

  89. マロ より:

    早く安楽死合法化法案を作って、安楽死を提供する施設を作って欲しい。
    多くの人が様々な理由で安楽死を希望しているのが現実である。
    本人の希望があれば、安楽死を助ける制度と施設が必要となって来る。
    安楽に死にたい人を助けるのは慈善の道である。
    必要以上の延命など、もはや悪魔の所業である。
    人には生きるより死んだ方が幸せな人が大勢存在しているのだ。
    障害者の全てが長生きしたい訳ではない。
    本人の希望であれば、安楽死を実現するのは救いの道と同じである。

    1. 匿名 より:

      私もそう思います。

  90. 牢屋に行く覚悟を持つ親です より:

    おすすめのほうほう。おためしください。

    子供暴れる→ビデオ撮影→子供が上機嫌の時に(誕生日会などイベントの時)多数の大人が集まり子供がヘンな行動をしないように周囲を囲んでビデオ上映。
    「ね、キミ。どう思う?みんなキミの行動にどう思っているか正直に今から言うよ! 云々」

    突然、ブチ切れて暴れてかみつく騒ぐ泣きわめく破壊行為をする
    これを克明にビデオに録る。ちゃんと自分が恥ずべき行為をしているということを目の前で見せてあげるとさすがに子供は変わりますよ 6歳でも。8歳でも。

     

  91. 匿名 より:

    ウチの娘も同じです。
    清潔とか不潔、人の物や自分の物の区別がつかないというか気にしてません。
    理性がなく本能だけで生きている感じです。
    何度言っても面倒臭いことはやらない、やれと言ったことはやらず、やるなと言ったことはやってしまう。
    努力は嫌い。薬を飲むようなことすら継続できない。
    悪いことをしかたから怒れば毒親と言われる。気に入らなければキレる。暴れる。家出する。
    私を苦しめるために生まれてきたのではないかと思ってしまいます。
    子供は親ガチャだとか、この親元に生まれてきたのは運が悪かったとか言っても許されるけど、親が子ガチャにハズレたとか運悪く障害児を生んだなんて言ったら許されないよね。
    本当にもう無理。
    子供が出ていったまま帰ってこなければいいのに。
    出ていってくれないなら死んでくれたらいいのに。
    死んでくれないなら私が殺して、私も死にたい。

  92. 匿名 より:

    男児の母です。
    一日中叫んでいて気が狂いそうです。
    死にたい衝動を抑えるためにドア一枚隔てたトイレに籠っていますが、叫び声がずっと聞こえます。声がでかすぎるんですよ。

    弱音はいたりすると励まされる、頑張らなきゃっていわれるのがしんどいです。
    皆さんの投稿よませていただき
    同じような気持ちの方がいらっしゃること
    少し落ち着くことができました。
    ありがとうございました。

  93. バイバイ より:

    自閉症、年中の子どもがいます。
    皆さんの書き込みを見て、年齢が上がっても決して楽にはならないこと。
    そして何より子どもを可愛いと思えないこと。
    離婚の話をされたこと。

    もう無理なのでこれから遠いところへ1人旅立ちます。
    さようなら。

  94. 匿名 より:

    13歳中学女児を持つ母親です。2歳のときに重度の知的障害と診断され5歳のときには強度行動障害との診断を受けました。未だに自分で排泄ができないのでおむつが取れず一日中家の中で暴れまわり家のものを破壊していきます。5つ下の息子もいるのですが息子は健常児でとてもしっかりしていて可愛くて大好きで愛おしいです。でも上の娘は本当にいらない。会話もできないし、顔もきもいし、家中にうんこ撒き散らしていきます。つい最近暴れて私のかわいい大事な息子を怪我させました。13歳にもなるのに、、。こんな娘をどうやって好きになれるのですか?こんなことを書いている自分がものすごく悔しいです。女の子なんだから中学生になったら一緒にショッピングとか、、ほんとに周りのかわいい女の子見ると胸が痛い。テーブルの上にうんこする女の子なんているのかな、、、お願いだから大事な息子の近くに寄らないでほしいです。美咲が死んだらどれだけうれしんだろ。
    娘をどうしても好きになれない自分も死にたい。ごめんなさい

    1. さささ より:

      読んでいて胸が苦しくなりました。涙が出そうです。あなたに少しでも幸せが訪れますように。そして息子さんが元気に成長しますように。

  95. 匿名 より:

    入所できない今年も。なぜあの子が入所できてうちのができない。私が死ねばできるかなー

  96. ポンタ より:

    こんな話は残酷で本当はしたくないが、現状が余りに悲惨なので書くことにした。
    江戸時代には生まれた子供が普通でない場合、産婆は承諾を得て赤ちゃんを始末するのが務めであったようである、育てられない赤ちゃんは産婆が間引くことが務めであったのだ。
    現在では一定の割合でこうした障害を持つ赤ちゃんがどんどん生まれているのだ。
    そのことが子供と親に地獄の苦しみを与えているのであり、現代は江戸時代よりも過酷なのだ。
    では生まれてしまったこの子供をだれがどう扱うべきなのか。
    僕は江戸時代のように、現場の者が始末すべきであると考える。
    安易に赤ちゃんを産んではならないのである。

  97. 匿名 より:

    子供を産む覚悟が足りなかったのではと思います。
    リスクが全くないと思っていたのでしょうか?
    周りの障害を持ってる人を他人事と思っていたのでは?
    汚い言葉で、日本のせいにしてる時点で、知能が低いのが見て取れます。
    日本が嫌なら、海外で育てれば良いのでは?

    1. 匿名 より:

      大抵の人間は我が子が障害持って産まれてくるなんて考えんと思うぞ。
      大きくなったら一緒に何したいとかそんなんばっか考えるもんや。
      うちに娘が産まれて一年半経って、順調に育ってくれとるけどそれでももっともっとと成長を楽しみにしてしまうもんや。
      正直毎日楽しくてしゃあない。
      これを障害で取り上げられたらそりゃあきついと思うぞ。
      それでも我が子だからと言える親ばっかじゃないと思う。
      育児ってめちゃくちゃ大変やもん。

    2. かいづあつこ より:

      私自身、子どもを授かったときに、まさか障害のある子どもを育てることになるとは想像していませんでした。
      自分が思い描いていた子育てとは大きく違い、戸惑い、怒り、悲しみ、辛いこともある毎日です。

      一番辛かったのは、私が子ども時代も、大人になってからも、障害のある子どもや人とのかかわりがまったくなく、自分の想像力だけではわからないことだらけだったことです。日本の学校教育や社会のあり方から、私だけでなく、そうした人たちが大半だと思います。

      さらには、行政の子育て支援は、障害のある子を育てることを想定していません。むしろ、自己責任で頑張りなさいというような自治体が残念ながら少なくないのが事実であり、強い憤りを感じるとともに、改善したいと常々思っています。

      日本でも、障害があっても子ども一人ひとりが尊重され、親やきょうだいの人生も大切にされ、それぞれが希望をもって暮らせるような社会になることを切に願います。
      障害のない子どもであれば当たり前に受けられる子育て支援や教育も、「障害のある子ども」というだけで、排除されたり、受けるために様々な条件をつけられたり 社会の側にこそ様々な「障害」があるのが実情です。

      障害のある子どもをはじめ、特別な支援が必要な子どもや世帯、それぞれ個々のニーズに応じた手立てが届くことが重要です。
      それは、障害のある子どもや家族の人生だけでなく、すべての人が安心できる社会につながるものだと確信しています。
      子どもを産むのに相当な覚悟が必要とされる社会は、つまりは、全ての事に自己責任を求める社会です。どんな子どもを授かっても、安心して希望を持って暮らせる社会にしていきたいと思います。

  98. さささ より:

    かいづ先生に質問です。

    重度障害者の全てを、1日24時間1年365日見てくれる施設を完備するとしたら、区(都でも国でもいいですが)の歳出はどれくらい増えるのですか?年間に要する費用負担が知りたいです。

    1. かいづあつこ より:

      さささ さんへ

      土地の購入費、新規開設に向けての消防設備(スプリンクラー設備、自動火災報知設備等)の整備に要する経費や、エレベーターやトイレ、風呂、洗面所の設置とバリアフリー化など、建物の整備をするための補助金をはじめ、運営への補助、さらには入居者への家賃補助など様々あります。

      国や都からの補助金もあり、重度障害のある方の入所施設開設で、自治体の支出がどのぐらいになるか、一概には言えない状況です。

      しかし、親と離れて暮らすことの選択は、非常に重要なことですので、区内に入所施設を新設すると、区としてどの程度の歳出を想定しているか、確認してみます。

      1. さささ より:

        先生、お忙しい中有難うございます。

        施設に入れたくても空きがない、という趣旨の書き込みが多かったので、単純に「じゃあ、施設を増やせばどうか」と思ったのです。

        死にたいとか、心中したいとかいう方が多く、本当につらい気持ちでブログを読んでいます。

  99. さささ より:

    希望者が全入できる体制の完備が理想ですし、政治はそれを目指すべきだと思います。

    しかし、それを目指しているこの瞬間にも、重度障害児と心中したいと苦しんでいる親御さんがいます。

    理想を追い求めながら、今苦しんでいる人も救おうとするなら、施設全入実現までの経過措置として、安楽死を認めるべきではないでしょうか。

    ここの書き込みを見て、本当に胸が苦しくなりました。地獄の中で希望もなく生きている、親の人権を守ってあげるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)  また、他者を誹謗中傷していると判断したコメントは削除させて頂く場合がありますので、ご了承ください。