文京区への「柳町小学校の設計に関する要望」を共有します

文京区では、区立小学校20校のうち誠之小学校・明化小学校・柳町小学校の建て替えが進められています。

新しいものを創るせっかくのチャンスでもあり、この先何十年も使っていくものでもあります。より良いものを創るためには、想定外を可能な限りなくさないといけないと思います。

そのためには様々な視点を設計に落とし込むことが必須です。後々の追加工事や改修は、物理的制約を受けてしまうだけでなく税金の無駄遣いにもなります。

文京区では今、子育て世代の転入による人口増加が続いています。区立小学校はどこも児童数が増えている傾向です。これらの中長期の人口動態もしっかりと見極めていくことが重要です。

以下に共有させていただく文書は、区立柳町小学校の建て替えにおける設計に関して、会派 ぶんきょう未来として9月11日に文京区へ要望したものです。柳町小学校に限らず、他の学校等にも通じる重要な視点だと思っています。

さらには、学校としてだけでなく避難所としての機能を拡充する視点も欠かせません。文京区立小・中学校は災害時の避難所に指定されています。(文京区避難所マップ

各学校のPTAや地域にお住まいの方等、ぜひみなさんにも参考にしていただければと願っています。

柳町小学校の設計に関する要望書P1 柳町小学校の設計に関する要望書P1 柳町小学校の設計に関する要望書P1

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)