文京区 認可保育園の臨時休園を6月末まで延長決定。その根拠は?

現時点での緊急事態宣言の期間を超える5月7日以降についても、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する必要があることから、文京区内の保育園は6月30日まで、原則「臨時休園」とし、どうしても保育を必要とするご家庭については、業種等を限らず、各園で「緊急特別保育」の実施を継続することになります。

ちなみに区は、小中学校の臨時休校の延長については、6月末まではまだ決めていません。文京区として統一性のある判断とは思えません。

保育は、「就学前教育」として重要な位置づけがなされています。 そうした機会を奪うことになるので、区は、根拠を持って慎重を期さなければならないと思います。今回の区の決定で、「根拠」が明確に示されていないことを危惧しています。

ぜひ、皆様のお考えやご意見をお寄せいただけると幸いです。

https://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0197/2612/2020424114637.pdf

   

保育園の臨時休園

文京区 認可保育園の臨時休園を6月末まで延長決定。その根拠は?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 海津敦子 より:

    追記 文京区教育委員会は区立幼小中の臨時休園・校を5月8日まで延長しました。
    《5月7日(木曜日)及び8日(金曜日)の区立学校園の対応について≫
    5月7日以降の学校の対応については、国の緊急事態宣言の動向や都の要請内容を踏まえて判断する必要があります。しかし、5月7日は大型連休の翌日であり、事前に学校や保護者等に十分な周知を行うことが難しい状況です。
    こうした状況を踏まえ、5月7日及び8日は、臨時休校といたします。その後の対応については、改めてお知らせいたします。
    5月7日及び8日の文京区立学校園の対応について(PDFファイル; 111KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)